すべて満足できたなら

単純計算で


自宅から1番短時間で行けるボートレースは多摩川で
職場からは江戸川で
でも心のホームは戸田で
何だかんだ1番行ってるのは平和島




ボートレース場が大好き!
東京在住馬場ですよ。




まぁ短時間っつってもそれなりに時間はかかります。はい( •́ε•̀ )







SNSを見てると皆さん色んなことを思って
それぞれの視点から
それぞれの楽しみ方でボートレース楽しんでますよね( ˊᵕˋ* )





私もね、私の楽しみ方がアレコレ。
あくまで個人的にね(♡´艸`)ウフッ





まず舟券はザックリ3種類に分かれます。







☆勝つと思って買うもの


オーソドックスなヤツですね。
展開予想とか私の大好きな機歴チェックとか1日の流れとかで予想して当てに行くというもの。
当たったら大満足。




☆勝って欲しい願いを込めて買うもの


このメンバーじゃ厳しいかも知れない。
この枠じゃ厳しいかも知れない。
このモーターじゃ・・・
でも勝って欲しい!と願いを込めて願掛けのような感覚で買うもの。
当たったらラッキー。そして泣ける。





☆その選手の舟券を買った、という事で自分が満足するもの



理由は『好きだから』とか『自分と同じ名前の新人』とか『結婚おめでとう』とか『復帰おめでとう』とかいわゆる応援舟券。
他の舟券も買った上で、
単勝券を100円だけ買うことがほとんど。
軍資金を増やそう!などという気は毛頭無く、
完全な自己満足。





まぁ他にも

自分の予想の抜け目を買う、とか
予想屋さんに丸乗りする、とか
隣のおっちゃん達の会話を盗み聞きする、とか
完全麻痺して1-2-3だけ買い続ける、とか
『だってあの人オール3連帯だよね?』『それ前節だよ』とか


上げだしたら切りがないのだけど。




大きく分けたらこの3種類かな。




書き出してみたらヒドイもんですねw
こりゃ勝てないわ(笑)




今年はもっと勝つための買い方を熟考しよう!
馬場はそうしよう!

船券

当たりハズレ以前に買ったことに満足した子たち。

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.03.09

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女