興奮した!!!

夏だ!海だ!川だ!プールだ!
日本全国24場もりだくさん、
今年の夏も海水、河川、プールの上を走るボートを堪能したいと思います。

海なんて20年くらい入ってない馬場だよ( ・∀・)エヘ

SG第21回オーシャンカップin鳴門
終了しましたね~!

最終日には初出場の大瀧明日香選手が待望の水神祭!
SG初出場がオーシャンカップって、女子選手初だそうですよ。すごい♪

しかも3コース『差し』での水神祭ってのがまたシブイ!
おめでとうございます!

そしてそして!!!!
優勝は4168石野貴之選手!!
去年の三国オーシャンに続く2年連続優勝!


グラチャンも山崎智也選手が連覇だっただけに、オーシャンまで連覇だったらこりゃすごいことになるぞ、と思ってたら(♡´艸`)

評判の73号機を引き当てた後、初日はゴンロク。
前節の転覆の影響?73号機まさかの不発?と囁かれる中
あれよあれよと立て直し気づいたら鬼伸びモーター引っさげて優勝戦に乗ってるんだから流石だよなー。

なまじエースモーターを引いちゃうと
優勝しても『モーターがすごい』『モーターパワーのおかげ』と言われがちですが

石野選手の凄いところは好モーターを持ってしてさらに.03のスタート踏み込むって所ですよ。
そしてこの鬼伸びモーターでスタート踏み込んだらひとまくり、と誰もが思った1マーク。

隣の新田選手の頭を叩ききれなかった瞬間
スッと艇の向きを変えて差しを選択!
バックで並んでからはグイグイ伸びて2マーク先マイ。

興奮したー(;▽;)!!!

仕事の合間に不自然な15分休憩を取って観戦してた私は休憩室で口元を覆いながら
『ほらー!ほらー“石野”だよ!ほらねー!』と携帯を持つ手を震わせておりました。

戸田の周年でFを切って、G1に出られないならSG取ってグランプリ決めちゃえばいいじゃん٩(ˊᗜˋ*)و

って軽はずみに言う冗談みたいな事を実際やってのけちゃう。
しかも来年のオーシャンの権利まで獲得しちゃう。

どんだけかっこいいんだよ(;´д`)ホレチマウダロ・・・

準優の峰選手、田中選手のFを見ても思ったけど
SGで走る、更には優勝戦で冷静に戦う精神力って凄まじいのだろうと思う。
これだけこの場に立ってきてる選手だってやらかしちゃうんだもの。

そしてその場に立つ力がある選手は、このヒリヒリした空気の中で戦う事が本当に楽しいのだろうな、と思う。
(もちろん勝負の世界で言う“楽しい”の意味合いで。)

予選道中でご贔屓たちが準優枠から離脱して行き、
『私のオーシャン\(^o^)/オワタ』
と思いきや

蓋を開けたら結局面白かった優勝戦。
思えばグラチャン連覇した山崎智也選手も3号艇でしたね
(4コースだったけど)

イン逃げはもちろん素晴らしいけど、
SG優勝戦でセンターやアウトから勝つレースって本当にゾクゾクする(♡´艸`)

次はMB?
桐生じゃん!o(>∀<*)oキャー!!
絶対行こう!
節間どこかには必ず行こう!

楽しみだなぁ

ブローチ

現地に行けなかった私は家でちまちまブローチとか作ってました。

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.07.20

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女