SKE48・高寺沙菜「これから特技にボウリングって書きます」 聖夜のボウリング大会にSKEメンバーが降臨

 SKE48のファンから「兄貴」と慕われるマルチタレントの鉄平が、昨年に続き今年も聖夜に身を寄せ合う仲間を求め、「神イベント」を企画した。12月24日に「ボッチボウル」と題したボウリング大会を名古屋グランドボウル(愛知県名古屋市)で開催。クリスマスイブを独り寂しく過ごす「ぼっち」たちを救おうという趣向だ。気になるのは告知にある「彼方より天使降臨!!」の文字。昨年は「次世代天使」として江籠裕奈、北野瑠華、竹内彩姫のSKE48メンバーが「降臨」し、ファンたちとボウリングに興じた実績があるだけに期待は高まっていた。

 ボウリング場正面玄関に飾られた巨大ツリーの前で鉄平が開会宣言。「これはみんなを救済するイベントでも何でもなく、僕自身が何とかしてクリぼっちを回避するために始めたイベントでしたが、今年で2回目を迎えることができました」と挨拶し笑いを誘う。その後、鉄平自らが選んだという3人の天使たち、高寺沙菜(さー天)、松本慈子(ちか天)、福士奈央(天どん)が登場。「今日はイブということでトナカイヘアで来ました」(高寺)、「ハッピー・クリスマスイブ!今日は皆さん温かくなって楽しみましょう」(松本)、「江籠さんの代理できました。今日、このイベントのせいでクリぼっちなんですよ」(福士)などと、それぞれが挨拶すると集まった100人前後の参加者たちからは歓声が上がった。

鉄平の指名でSKE48ドラフト1期生、高1メンバーが来場

 レーン数156を誇る世界最大級のボウリング場のレーンに全員が集まったところで、3人の天使たちの始球式からボッチボウルは開幕。ゲームは2回で1回戦はウォーミングアップ、2回戦はメンバー、参加者ともに賞品をかけてガチンコで争われた。1回戦は「運動神経いいんですよ」との自負がある松本が序盤からリード、それを福士が追うかっこうとなった。一方、高寺はといえば最初の6フレームまでで何と9回のガター(スコア上のGマークは5つ)を出すという惨めな状態。だが、このまま引き離されていくかに見えた7、8フレーム目、その時点で松本、福士も出していなかったスペアを連続で決め、まさかの開眼。一気に福士と1点差まで詰め寄った。急に調子を上げた理由を聞くと高寺は「ボールを重くしました。初め、めっちゃ軽いのにしていたら勢いよく行きすぎちゃって。あとは(周囲にいるファンの)みんなの意見も取り入れて」とガッツポーズを見せた。1回戦の順位は1位-松本-87点、2位-福士-69点、3位-高寺‐67点だった。結局、高寺は2点差で最下位となったが確実に何かをつかんだようだった。

松本が優勝した1回戦のスコア表

 2回戦は賞品がかかった本気の勝負。福士はメンバー用の優勝賞品となる10000円相当のiTunes Cardを「(金券ショップに)売りに出したい」とがめつい意気込みを見せて笑いを取るも、序盤からスランプに陥りガターを連発。見かねた鉄平アニキが5フレーム目に福士のために子ども用すべり台の投入をスタッフにコール。しかし、この「秘密兵器」は完全に逆の効果を発揮して2投ともガターに。打って変わって、その直後に投げた高寺は本日初のストライクを決めて大歓声を浴びた。それを見て奮起した松本は追い打ちをかけるかのごとくスペアを叩き出す。ファンの「どんちゃんがいちばんかわいいよー」という声援も慰めにならない。だが、ここで福士も意地を見せた。悪魔のすべり台を横に押しやり、割れんばかりのどんちゃんコールの中、1投目で9本をなぎ倒す。そして2投目、左に残った1本を見事に弾き飛ばし、初スペアをもぎ取って見せ場を作った。

 6フレーム目までは松本が高寺を僅差で追う展開だった。松本は最後10フレームをスペア、ストライクの連続で終えて大きく得点を加算、満面の笑みを見せた。だが、もはや覚醒した高寺を誰も止めることはできなかった。7フレーム目でスペアを出して勢いに乗る高寺は、8投目から3回連続のストライクを決めてまさかのターキー達成でゲームを締めくくった。天使ではなく神が降りた「メークドラマ」にファンはおおいに酔いしれた。2回戦の結果は1位-高寺-149点、2位-松本-96点、3位-福士‐56点で高寺が優勝し、商品のiTunes Cardをゲットした。

優勝賞品を手にして喜ぶ高寺と残念がる福士

 ゲーム終了後、鉄平は「俺、ターキーをやったやつ初めてみたんだけどすごくね?」と茫然。一方、優勝した高寺は「人生でボウリングは10回もやってません。こんなにストライクも出したことなかったです。元日の次の日くらいに家族で行ってたんですけど、最近は行けてなかったんです。これから特技にボウリングって書きます」と笑った。クリスマスイブの夜にメンバーから「ターキー」のプレゼントもらうという、ちょっとできすぎた「神イベント」はSKE48ファンの間で神話となって語り継がれるだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1018436(当日の様子)

取材・文・撮影/竹内一晴

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中