近頃の「ソニー製品」はココが微妙! ソニー好きが愛のダメ出し

「ソニーらしい尖った製品」は、決して過去のものではない。だが“なんとなくコレジャナイ感”を覚えるのも事実で……その違和感の正体に迫る!

XPERIAのスマホは実はカメラが弱点!?

ソニーを応援すればこそ、デジタル好きが厳しくツッコむ!


 かつては“家電の王様”として栄華を誇ったソニー。その凋落が叫ばれるようになって久しいものの、東芝の不祥事にシャープの買収と、日本の家電業界に相次いで激震が走るなか、ぜひともソニーには踏ん張ってほしい――とは、多くの人が願っていることだろう。

 折しも、’15年度の決算は3年ぶりに黒字となる見通しで、メディアでは「ソニー復活」を期待する報道も多数。

 だが、これに首をかしげるのは、ソニー製品に対して少なからぬ愛着を抱くSPA!コメンテーターの面々(&担当編集)。

「確かに、ハイレゾ対応製品など、音楽ジャンルを中心に頑張ってはいますが、昔のように“ソニーが新しいカルチャーを牽引している”感はありません。近年、新ジャンルを切り開いた製品にはアクションカメラや360度カメラがありますが、前者ではある程度ブームが定着してからの参入でしたし、後者に至ってはまだ参入の気配もない。こういう製品こそソニーに率先して出してほしいのですが……」(ライター・岡安学氏)

 さらに「ソニーらしい尖った製品がないわけではないが、どこかユーザー目線とは違った方角を向いてしまっている」というのが、最近のソニー製品に対する、識者たちの一致した見解。以下、その“迷走”ぶりを見ていこう。

モノは悪くないが、かゆいところに手が届かない


 識者たちのツッコミが集中したのが、国産スマホの最高峰たる「XPERIA」だ。

「とにかく売り方が悪い。ここしばらく、半年周期でフラッグシップモデルが発表されています。昨年9月に〈Z5〉シリーズが発表され、11月に各キャリアから発売開始。そして2月末には次シリーズ〈X〉が海外で発表され、日本でも8月から発売されるとアナウンス。これ、一体いつ買ったら幸せになるんでしょう? 最新の最高級機を買って、たった3か月で次のモデルがアナウンスされるって、正直ひどいですよね」(ライター・コヤマタカヒロ氏)

 ソニーとしては、コンスタントに新機種を開発することで、端末をどんどん進化させていきたいとの狙いがあったようだが、その意欲にユーザーが置いてけぼりを食らった格好だ。

「『Zシリーズの完成形』を謳った〈Z4〉の半年後に、同シリーズの『究極の集大成』として〈Z5〉を出してきたのには失笑しました。ともあれ、今年の〈X〉シリーズ以降は1年周期になるという噂もあるので、期待しています」(ライター・柳谷智宣氏)

 XPERIA自体、モノが悪いわけではないが、「どうも形にとらわれすぎて、かゆいところに手が届いていない印象」と評するのは、モバイル評論家の法林岳之氏。

「例えば〈Z4〉では、薄型にこだわったのはいいのですが、熱処理を甘く考えていたため、あちこちで異常発熱が起こる事態に……。また、個人的には、XPERIAのカメラ機能が残念ですね」

 世間的には「XPERIAはカメラが強い」という印象だが……。

「確かに、名機〈αシリーズ〉など、ソニーのデジカメのノウハウを注力したと言われています。しかし、明るい場所ではキレイに撮れる一方、暗い場所では本当に真っ暗になる。スマホでの撮影シーンは室内が多いのに、ちょっとチューニングの方向性を間違えている気がしますね。他社のスマホカメラでは“見た目以上に明るく写す”のが主流なのに、カメラ屋の矜持なのか、ソニーは“見た目を忠実に再現する”ことにこだわっている。薄暗い飲み屋なんかで撮り比べると、差は一目瞭然です」

取材・文/SPA!編集部

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中