JK役の水着グラドルによる“ハレンチ青春ラブコメディ”舞台『熱いぞ!猫ヶ谷!!』が開幕【写真レポ】

 克・亜樹の人気漫画が原作の舞台『熱いぞ!猫ヶ谷!!』が3月16日、東京・品川プリンスホテル クラブeXにて開幕。ヒロイン役を演じたグラビアアイドル・片岡沙耶らが全編水着姿で舞台を熱演した。上演は20日まで。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076851

舞台『熱いぞ!猫ヶ谷!!』 本作は、’09年から’11年にかけてヤングマガジンで連載された同名マンガ原作のハレンチ青春ラブコメディ。日本最高気温を記録したため、条例で男性はアロハ、女性は水着で暮らすことが義務付けられた猫ヶ谷市を舞台に、猫ヶ谷をこよなく愛する美人の生徒会長・押切貴澄らが、ダムの建設で街を変革し、自然を壊そうとする新市長の企てに立ち向かうというもの。ミュージカル風の演出を交えながら、多数の水着グラビアアイドルたちによって物語は展開していく。

 今回ヒロインの押切貴澄に抜擢されたのは、90cmバストの片岡沙耶。文化服装学院ニットデザイン科卒業で、グラビア活動では自作の衣装を着用することもある多彩な才能の持ち主。主人公の転校生・伊吹冬斗(輝山立)との切ない恋模様が描かれ、ファン騒然の大胆シーンにも挑戦している。“ハレンチ青春ラブコメディ”を謳うこの舞台は、女の子が水着で無意味に縄跳びするシーンや、あんなことやこんなことで誘惑するシーンなど、ちょっぴりエッチな場面も満載。

舞台『熱いぞ!猫ヶ谷!!』 出演者は、藤井瑛実加、松岡里英、天木じゅん、遠藤三貴、輝山立、平塚奈菜、柴小聖、菜乃花、鈴木ふみ奈、青山ひかる、白石みずほ、塚本舞、辺見レナ、柳瀬早紀、市川咲、夏目愛海、森下悠里ほか。総合演出は堤幸彦が手がけた。日替わりメンバーによる前説や水着でのお見送りなども行われる予定だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076856

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中