原題と邦題に「ギャップありすぎ」の映画『神様メール』が話題。邦題はどうやって決めているの?

 過去3作品と寡作ながらも「カンヌ国際映画祭」などで常に高い評価を得るベルギー出身の映画監督、ジャコ・ヴァン・ドルマルの最新作『神様メール』(「Le Tout Nouveau Testament(原題)」)が5月27日、日本で公開された。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1121150

映画『神様メール』 これまで“人間の運命”を主題に描いてきたドルマル監督だが、最新作も「神様は実在し、ブリュッセルに住んでいる」という壮大な設定でストーリーを展開。一方で、公開を目前にネット上では邦題の『神様メール』について「ラノベみたい」など賛否さまざまな意見が出ており、原題と邦題が違っていることに良くも悪くもギャップを感じる人が多いようだ。原題を直訳すると「新・新約聖書」となるが、そもそも『神様メール』という邦題はどうやって決められたのか?

映画『神様メール』

映画の邦題はどのようにして決められているのか


 本作は、2016年度ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート、ベルギーアカデミー賞(マグリット賞)最多主要4部門(作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞)受賞、カンヌ国際映画祭監督週間正式出品、シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞受賞ほか、米アカデミー賞外国語映画賞のベルギー代表作品に選出されるなど世界中で高い評価を得ており、日本での公開が待望された作品だ。

映画『神様メール』『トト・ザ・ヒーロー』(91年/カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞)、『八日目』(96年/カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞)、『ミスター・ノーバディ』(09年/ヴェネチア国際映画祭正式出品)のドルマル監督による6年ぶり4本目となる最新作で、フランス、ベルギー、スイスでは公開初週の興行成績ランキングでそれぞれ第1位となる大ヒットを記録。神様のかわいい娘10歳のエアが、人間界で人々と出会い奮闘する痛快なコメディ映画となっている。

 SPA!では、日本の宣伝プロデューサーに独占取材をすることができた。まず一般的に、洋画のタイトルはどうやって決められているのだろうか?

「各社でやり方は違うと思いますが、弊社ではまず作品の宣伝の方向性やコンセプトをチームで何度も話し合い、ある程度それらが見えてきた時点でタイトルを考えます。だいたい各チームから20~30個くらい案をもちより、話しあって、ときにはリサーチをかけたりして決めています。最終的に決定するのは宣伝プロデューサーです。弊社では宣伝プロデューサーが最後に社長にプレゼンをし、その後権利元に賛同をとって正式決定となります。ドルマル監督は来日したとき『いいタイトルだね!』と褒めてくれました」

映画『神様メール』 賛否両論というよりは「神様メール」という邦題に対して否定的な意見が目立っているが、その点はどう感じているのか?

「ちょっと悲しいですが、短い憶えやすい邦題でわたしは気に入っていて、社内外で褒めてくれる人もいます。今回、もっとひどいタイトル案もあったことを知っていただけたので、否定的な方も『あれよりはましだった』と思っていただき少しでも気が休まれば…そして映画をご覧いただけたら、と願っております」

 その、“ボツになった”タイトル案を特別に教えてもらうことができた。

次ページ邦題『神様メール』が勝ち抜いた背景と“ボツになった”邦題案

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中