最終回直前! 大人が楽しめる夏の深夜アニメ

 いま続々と話題作を世に送る深夜アニメ。作品が多すぎて楽しみ方がわからないアニメ初心者のために、最終回目前、夏の注目作を紹介する。

夏の深夜アニメも人気の話題作が目白押し!


 いま、22~28時に放送される「深夜アニメ」から数々の話題作が飛び出している。昨年のNHK紅白に出場するなど社会現象となった『ラブライブ!』から女性人気が爆発した『おそ松さん』まで、深夜アニメは世間に浸透しつつある。また、’00年には4本だった実在の場所を描いた作品が’15年には70本を超え、アニメの舞台を訪れる「聖地巡礼」もブームに。今回は、長年にわたって深夜アニメを見続けてきたライターの芝村メイ氏に、大人が楽しめる夏アニメについて聞いた。

<ラブライブ!サンシャイン!!>

 まず劇場版やライブを経て、オタク界では「現象」となった『ラブライブ!』は今年4月のファイナルライブで一区切りに。その続編として7月から放送が開始されたのが『ラブライブ!サンシャイン!!』だ。静岡の沼津を舞台に、主人公の高海千歌が部員を集めてスクールアイドルユニット「Aqours」(アクア)を結成する。

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブ!サンシャイン!!

「ストーリー進行は前作とほぼ同じですが、ラブライブ!は近年で最も話題を呼んだ作品であり、続編の本作に対する期待は大きく、いかに前作ファンを取り込み、勢いを継続させるかという制作側の狙いが垣間見えます。Aqoursに前作のユニットμ s’(ミューズ)と同じ過程を経験させ継承を印象づけるとともに、μ s’とは異なるAqoursの魅力を小出しにしてファンを本作に惹きつけています」(芝村氏)

 サンシャインと前作を比べて気づくのは、視聴者にストレスを与える要素がほとんどないこと。廃校の危機からスタートした前作に対して、本作は主人公の「輝きたい、キラキラしたい」という、名作『花咲くいろは』を髣髴とさせるふわふわした理由から始まり、アイドル活動もスムーズに進む。「どうしてもファンはμ s’と比較してしまいますが、Aqoursに対してやきもきする必要がなく、安心して見られる作品です。メンバーそれぞれが『かわいい』『美少女』などと他者から評価されるのが丁寧に描写される点もいいですね」

 しかし、前作と同じストーリーでは続編とは言えない。

「キービジュアルのコピーは『助けて、ラブライブ!』なので、いよいよ後半にはサンシャイン独自の新展開と大きな波乱が待っているでしょう。普段アニメを見ない層にまで広く知られ、テレビ特番や紅白出場まで達成したラブライブ!。オタクが最も注目するこの作品を見逃す手はありません」

【ラブライブ!サンシャイン!!】
静岡県沼津市の私立浦の星女学院。高校2年生の高海千歌ら9人の少女たちが夢を抱いて立ち上がる。OP主題歌収録のシングルがヒットした劇中ユニットは来年2月に横浜アリーナでライブ開催予定。TOKYO MXほかで放送中
(c)2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

次ページまだある!注目の[夏アニメ]

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中