欧州製高級車はリッター20kmを上回る!?

“ガイシャ=燃費が悪い”という固定観念を打破すべく、今回も秘術を尽くした燃費対決をお送りいたします。相手は、色気はないけど働き者! ドイツのVWパサート。挑むは、見た目のわりに値段が安いフランスのシトロエンC5。独vs仏(一部は独だけど)の高級車ガチンコバトル開戦!

MJブロンディ=文

← 前編はこちら

 対決の舞台は御殿場周辺。私と担当Kの2名が2台に分乗し、御殿場インターから東名に乗って、裾野インターまでの下り坂を、秘術を駆使しつつ80km/hでノロノロ走った。

 すると、パサートの燃費計はリッター39.5kmを示しやがった! プリウスも危うし、恐るべしフォルクスワーゲン.テクノロジー!! と思ったら、我がC5もリッター35.7kmをマークしていたぜ。さすがBMW技術。

 裾野インターからは、上り坂の国道246号線を流れに乗ってノロノロ戻り、リッター12.9km対11.7km

 トータルでは、パサートがリッター24.5km、C5がリッター22.1km、僅差でパサートの勝利となったが、ともに驚くべき低燃費、軽自動車もビックリである。

 それにしても、カタログ燃費で8割も違う2台が、なんで実燃費では1割しか違わなかったのか!?

 フォルクスワーゲンは、日本市場に本気で取り組んでいるので、国産車並みに日本の基準に合わせた特殊セッティング等を施し、がめつくカタログ数値を稼いでいるのだ。そんな芸当、マイナーなシトロエンにはできまへん。つーかフランスの本社が、「そういう小細工はポリシーに反する」と頑固で、「実燃費は良好だろう? ならいいじゃないか」と言ってるとか。確かに実際に走らせりゃ、同じ欧州の土俵で戦っているライバルだけに、そんなに差が付くはずはないのだよ。

 とにかく、今の欧州製高級車は、ヘタすりゃリッター20kmを上回るってことを、貧乏人諸君も覚えておいてくれたまえ。

欧州製高級車燃費対決

【結論!】
日本車メーカーが大きく出遅れているのが、この小排気量直噴ターボ技術だ。この燃費を見て、トヨタや日産も危機感を持っていただきたい。近いうち、日本製ハイブリッド車との対決も企画中です。国産車危うし!?


フォルクスワーゲン 新型パサート
ヴァリアントのラゲージルームは約603リッター。後席をすべて倒すと約1731ℓものフラットなスペースになる。ちなみにカーナビは標準装備ではなく受注生産のオプション

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中