ファッション感覚でオナニーを語りたがる女子が急増!?

ファッション感覚でオナニーを語りたがる女が異常発生中! 「趣味はオナニー」という彼女たちは、各地で仲間を増やすべくオナトークを展開する。その会合に、オナニー経験ゼロの女性記者がおそるおそる潜入した

◆心からオナニー大好き!ピュアな気持ちで熱弁

オナニー

※画像はイメージです

 日夜Twitterを徘徊するのが生き甲斐な記者Mは、ある日リツイートされてきたURLに目を疑った。それは、女性が個人でやっているUst番組「女ニー会」(女子オナニー会談、略して女ニー会)。見てみると、ごく普通の20代の女性が、顔出しでただひたすらオナニーについて語っている。しかも、わりと無表情で淡々と。音声がなければ、よもやオナニーの話をしているとは到底思えないほどの生真面目さが画面から伝わってきた。特に女のエロ業界で働いているわけでもなく、“女サブカルスター”(イラストなどを駆使して毒を吐く女性コラムニストなど)の座を狙っている様子もなさそうだ。ああ、この人、本当に心からオナニーが好きなんだな……。

 確かにここ数年で、SNSの台頭からか、女性が性について語ることへの壁がずいぶん低くなった。女性がセックスについてツイートするのはさして珍しいことではない。ならば、オナニートークをしたがる女性が増えていてもおかしくないのかもしれない。そこで、「趣味はオナニー☆」とカジュアルに自慰にいそしむ女性たちの調査に乗り込んだ。

◆オススメを教え合うその姿は女子会そのもの

 まずは、Ust「女ニー会」の女性に会いに、はるばる大阪へ。奈津子さん(仮名・26歳)は、周囲でオナニー話をできる友達がいないからとUstを始めたそう。

「一日3回オナニーしますが語る友達がいなくて寂しいです。男が毎日していても普通なのに、なぜ女だとギョッとされるんでしょう」

 憤る奈津子さんだが、全世界に向けて顔出しでオナニー話を発信していることについては特に危険や疑問を感じてはいないよう。あくまでもただ純粋に趣味について語っている感覚なのだろう。

 奈津子さんがネットで知り合ったオナニー友達だという、美穂さん(仮名・28歳)も語る。

「私はジムでのトレーニング感覚でオナニーしています。頻度は週3程度。11歳からオナニーを始めましたが、最初はイクまでに1時間半くらいかかって。徐々にタイムを縮める努力をしました。部活のようなものですね」

 美穂さんは最近では、“オナニー女子会”と称して、オナニートークをできる友人を集めた女子会を開いているとのこと。

「そういう話をできる友達を見つけるのは苦労しました。セックスの話はよくするけど、なかなかオナニーの話にはならない。セックスでイケない、って話題になったときに、『でもひとりでしたらイケるよね?』とさりげなく言ってみたり(笑)」

 オナニーグッズの布教にも熱心で、この日も美穂さんはオススメのグッズを奈津子さんにプレゼントしていた。オススメを教え合い、悩みを共有。そこらの女子会で繰り広げられているのと何ら変わりない光景だ。話題がコスメではなくオナニーという点を除けば。

※続きはこちら⇒「のぼり棒は性具です」人生を自慰に捧げる女たち(http://nikkan-spa.jp/286791)

取材・文/SPA!女のオナトークを聞き隊
― オナニー女のあくなき探究心が暴走中【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中