女体本棚!? ラブドールが家具になった

ラブドール アンティーク書棚の向こう側に佇み、定まらない視線でこちらを見つめる全裸の女のコ。彼女の名前は「こゆき」。閉じ込められているのか? そこが気に入っているのか? 彼女に何があったのかーー

そんな妄想を掻き立てるのは、名付けて「ラブドール・ファニチャー」。もはや説明不要、リアルドールのオリエント工業が創業35周年を記念してイベントを開催。そこで、展示されるのが、これらラブドールをアレンジした“家具”なのである。

 冒頭の『ラブドールブックシェルフ』のほか、ガラステーブルの下にガーターとピンヒール姿で横たわる『女体テーブル』、バストからお酒が注げる『スカートカウンターテーブル』など、エロティックかつユニークな作品が揃う。

⇒ラブドール家具【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=296511


「酒場や社交場でのオトナための娯楽として、あるいは『なんだ、これは!?』と驚いてもらえる新しい何かをラブドールを使って形にできないか?というのがスタートです。もちろん、“彼女”たちは、すべて家具から取り外して、ラブドールとして使用できる機能も備えています。今回は展示のみですが、将来的には販売やリースなども検討していきたいと思っています」(オリエント工業広報部)

 イベントでは「第3回ラブドール フォトコンテスト」も開催。全国のユーザーからエントリーされた全106点の写真を展示。それらは、ユーザーの嗜好、ドールへの愛情が如実に伝わるものばかり。そのほか、通常製品のコーナーもあり、普段は完全予約制のショールームでしか出会えないラブドールたちを見ることができる。

 ラブドールの精巧さについては、幾度となく耳にしていても、実際に目にしたことはないという人も多いはず。是非ともこの機会に彼女たちに会いに行ってみては如何だろう。

 その美しさにため息が漏れ、そして思わず、口元が緩む。それは間違いない。 <取材・文/小山武蔵>

●『オリエント工業創業35周年記念イベント ラブドールファニチャー』
9月29日(土)・30日(日) 11時~19時
場所:元麻布ギャラリー(東京都港区元麻布3-12-3)
問03-3692-3151(オリエント工業 広報部)

純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話【コラムニスト原田まりる】

純潔な弟を風俗斡旋しようとした姉の話【コラムニスト原田まりる】
 雑誌の特集や男性向けの恋愛指南書には「こういう女はヤレる」「ホテルに誘える口説き方」など、男性の誰しもが女性と肉体関係を結びたがっているようなトピッ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(17)
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
メンズファッションバイヤーMB
ファッション初心者が買うべき「春のユニクロ」ベストバイ3選
オヤ充のススメ/木村和久
フーゾクと風俗営業の違いとは――今さら聞けない夜遊び雑学
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ウォリアーとスティングの“運命の糸”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第80回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
大川弘一の「俺から目線」
お金を貸したいのはどっちの男?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「質素な生活は自由を増やせる」下流中年の師匠・ムヒカ前大統領の金言をまとめてみたよ
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「疑われてるみたいで気分が悪いよ」――46歳のバツイチおじさんはデート中に怒りをあらわにした
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
原田まりる
10年前に180万円の高級腕時計を盗まれた私は何を思ったか
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
ジムにいるムッツリスケベさんを見て思うこと

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中