女体本棚!? ラブドールが家具になった

ラブドール アンティーク書棚の向こう側に佇み、定まらない視線でこちらを見つめる全裸の女のコ。彼女の名前は「こゆき」。閉じ込められているのか? そこが気に入っているのか? 彼女に何があったのかーー

そんな妄想を掻き立てるのは、名付けて「ラブドール・ファニチャー」。もはや説明不要、リアルドールのオリエント工業が創業35周年を記念してイベントを開催。そこで、展示されるのが、これらラブドールをアレンジした“家具”なのである。

 冒頭の『ラブドールブックシェルフ』のほか、ガラステーブルの下にガーターとピンヒール姿で横たわる『女体テーブル』、バストからお酒が注げる『スカートカウンターテーブル』など、エロティックかつユニークな作品が揃う。

⇒ラブドール家具【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=296511


「酒場や社交場でのオトナための娯楽として、あるいは『なんだ、これは!?』と驚いてもらえる新しい何かをラブドールを使って形にできないか?というのがスタートです。もちろん、“彼女”たちは、すべて家具から取り外して、ラブドールとして使用できる機能も備えています。今回は展示のみですが、将来的には販売やリースなども検討していきたいと思っています」(オリエント工業広報部)

 イベントでは「第3回ラブドール フォトコンテスト」も開催。全国のユーザーからエントリーされた全106点の写真を展示。それらは、ユーザーの嗜好、ドールへの愛情が如実に伝わるものばかり。そのほか、通常製品のコーナーもあり、普段は完全予約制のショールームでしか出会えないラブドールたちを見ることができる。

 ラブドールの精巧さについては、幾度となく耳にしていても、実際に目にしたことはないという人も多いはず。是非ともこの機会に彼女たちに会いに行ってみては如何だろう。

 その美しさにため息が漏れ、そして思わず、口元が緩む。それは間違いない。 <取材・文/小山武蔵>

●『オリエント工業創業35周年記念イベント ラブドールファニチャー』
9月29日(土)・30日(日) 11時~19時
場所:元麻布ギャラリー(東京都港区元麻布3-12-3)
問03-3692-3151(オリエント工業 広報部)

イクメン議員の“ゲス不倫” お相手タレント宮沢磨由の水着・色白ボディを独占公開

宮沢磨由
 国会議員として「育児休暇取得」を宣言し、議論の渦中にあった自民党の宮崎謙介衆院議員が、京都の自宅で女性タレントと密会していたことが、『週刊文春』(2…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(5)
山田ゴメス
シングルマザーたちの複雑な恋愛心理「受け入れてくれるのは100人に1人」
メンズファッションバイヤーMB
2~3万円で買える「なんちゃって高級時計」ベスト3
オヤ充のススメ/木村和久
富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ニューヨーカーが狂喜した“グラハム現象”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第20回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?
大川弘一の「俺から目線」
内定取消しの美琴、銀座を彷徨う――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
アホなことも10年やれば一流の仲間入り!? 芸能事務所の忘年会に潜入する方法
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」
「アナベル、外に出てふたりで話そう!」――46歳のバツイチおじさんはライバルに先を越され窮地に立たされた
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
ジェダイも真っ青の実力なのに会場はスッカスカ。フェンシングは太田雄貴選手の言う通りカネがなさそうだった件
原田まりる
「車好き」はマゾヒスティックな趣味である
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
僕が芸能界を無期限休業したワケ――「ネパールを旅してわかったこと」

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中