【将棋電王戦第2局】現役プロ棋士敗れる! 将棋会館で何が起きていたか?

将棋電王戦第2局

終局直後の佐藤慎一四段

 3月30日、将棋のプロ棋士5人と5つのコンピュータ将棋ソフトが対決する『第2回 将棋電王戦』の第2局が、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。次鋒戦は「将棋界の逆境アーティスト」佐藤慎一四段と、昨年の『世界コンピュータ将棋選手権』で4位(42チーム中)となった「ponanza(ぽなんざ)」の対決だ。

 3月23日の第1局(http://nikkan-spa.jp/409911)は、若干18歳の新鋭・阿部光瑠(こうる)四段が1秒間に千数百万手を読むという「習甦(しゅうそ)」に完勝。あらためて現役プロ棋士の強さが際立った先鋒戦となった。しかし、その結果を受けても、第2局はプロ棋士側の苦戦を予想する関係者やファンの声が少なくなかった。それはなぜか。

 まず第1局では、阿部光瑠四段には対局の3か月ほど前から本番に近いバージョンの「習甦」が貸し出されており、練習対局のなかで「習甦」の指し手の特徴やクセを把握できていたのが勝因の1つとなった。一方で「ponanza」は、開発者・山本一成氏の勝負にこだわる方針により貸し出しはナシ。代わりに貸し出された「ツツカナ」(第3局に登場予定)での練習は可能だったとはいえ、これはかなり大きな違いである。

「僕はとにかく勝ちたいですね! プロ棋士だけじゃなく、ほかの将棋ソフトにも(笑)」(「ponanza」開発者・山本一成氏)

「開発者によって、コンピュータ将棋ソフトの開発の目的や方針は全然違うんです。勝ちたいという人も、研究対象としての興味が強い人もいる。『GPS将棋』は6人の共同開発ですが、そのなかでもみんな違いますからね」(「GPS将棋」開発者・東京大学准教授 田中哲朗氏)

 また、NECビッグローブ株式会社から貸与された8台のXeonサーバを含む合計10台のコンピュータで本番に臨んだ「ponanza」のマシン構成は、大将戦に登場予定の「GPS将棋」の670台に次ぐ規模である。単純な処理速度的にはかなり上位であることが予想された。次鋒とはいえ、副将の「Puella α」や中堅の「ツツカナ」との差はほとんどない、あるいは本番環境では上回っている可能性もある。

 さらに山本氏は東大将棋部出身で、将棋ソフト開発者のなかでは随一の棋力を誇る。一般的に将棋ソフトの強さは必ずしも開発者の棋力とは比例しないのだが、コンピュータの弱点とされる序盤の方針をあらかじめ設定しておけば、人間相手の一発勝負ではアドバンテージになるのではないか。しかも、第2局の「ponanza」は、戦術的な主導権を握りやすい先手番だ。

 ただし、第1局の控え室に姿をあらわした山本氏の話では、そう簡単な話ではないこともうかがえた。

「サーバを多くしても、なかなか単純に強くなってはくれないんですよ。今回の4時間っていう持ち時間も、コンピュータ同士ではあまりない長時間でデータも取りにくいし、1手に何分使う設定がいいのか難しいし。あと1分未満の考慮は切り捨てるルールですけど、ギリギリ59秒まで考えさせるとトラブルの不安があるし。あと1週間で間に合うのかなあ」(「ponanza」開発者・山本一成氏)

 そして当日。「ponanza」は序盤早々から定跡を外れた形に突き進んでいき、控え室のプロ棋士たちは一様に首をひねる。しかも、1手に10分以上も使いながらである。あまりに時間がかかっていたため、トラブルを心配する声もあがるほどであった。

「おかしいよ。普通は序盤にこんなに時間はかからないはず。何かトラブルが起きてるか、特殊な設定をしているのか」(勝又清和六段)

 対局の進行を懸念した立会人の勝又清和六段が、控え室と特別対局室を足繁く行き来する。結局のところ、その両方が起きていたようだ。山本氏が、あきれたような表情で控え室に姿を表した。

「3手目までは指定して、あとは定跡データベースを切って、1手最大25分までの設定で。あとは好きなように指せばいいよってやったら、いろんな手をムダに考えすぎちゃったり。サーバは問題なく動いてるけど、モニター用の通信が切れちゃったり。いやあ、ひどい」(「ponanza」開発者・山本一成氏)

31手目▲1五歩

31手目▲1五歩の局面図。終局後、佐藤慎一四段はこの局面で端歩を詰められたことを序盤のミスだったとしていた。:日本将棋連盟モバイル(http://www.shogi.or.jp/mobile/)より

 第1局の「習甦」が完敗した角換わり系の戦型を避けたり、プロの定跡研究の罠にハマらないよう山本氏が講じた作戦だったようだが、この時点では、すべてが裏目に出ているように見えた。午前の対局が終わった段階で、考慮時間も「ponanza」のほうが1時間以上も多く使っている。午後に入ってからも、「ponanza」の王様は実に危なっかしい場所に引っぱり出されているのに、何食わぬ顔をしている。コンピュータだから当たり前ではあるのだが。

「人間だったら、怖いからとりあえず王様を引っ込めてから考えるよねえ。(序盤で人間側が)ポイントを上げたことは間違いないです」(先崎学八段@ニコ生解説)

 ただ、具体的に大きな差がついたというわけではない。第1局の△6五桂の局面に比べれば、はるかに微差である。

⇒【その2】に続く「コンピュータが力を出しやすそうな展開に……」
http://nikkan-spa.jp/414668

◆佐藤慎一四段 vs ponanza PV – ニコニコ動画:Q
http://www.nicovideo.jp/watch/1363954072

◆ 第2回将棋電王戦 特設ページ
http://ex.nicovideo.jp/denousen2013/

<取材・文・撮影/坂本寛 撮影/林健太>

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中