人間とコンピュータの戦い再び 第3回「将棋電王戦」第1局観戦記

 2014年3月15日、将棋のプロ棋士5人と5つのコンピュータ将棋ソフトが対決する団体戦『第3回 将棋電王戦』が、東京・有明コロシアムでついに開幕した。先鋒戦となる第1局は、若手屈指の強豪棋士である菅井竜也五段と、昨年11月に開催された『将棋電王トーナメント』5位の「習甦(しゅうそ)」の対決だ。

 1年前の2013年3月から行われた『第2回 将棋電王戦』は、プロ棋士が史上初めてコンピュータに敗れたことが大きな話題となり、団体戦の成績も1勝3敗1引き分けとプロ棋士側の負け越し。この『第3回』は、プロ棋士がなんとしても人間の意地を見せたい流れのなかでの開催となった。

菅井竜也五段、電王手くん

初手を着手する菅井竜也五段。手前はロボットアーム「電王手くん」

 先手となった菅井五段は、若干21歳の若手だが、将棋の天才たちがひしめくプロのなかで6割を超えればトップクラスと言われる通算勝率が7割を超えている。通算勝率7割というのは、166人いる現役のプロ棋士のなかで、あの羽生善治三冠を含め、たったの4人しかいない(通算50局以上)。この事実だけでどれほどの強豪かわかるだろう。大和証券杯ネット将棋・最強戦での優勝経験もある。

竹内章氏

右手前側が「習甦」の本体と開発者・竹内章氏

 対する後手の習甦は『第2回(※)』でも開幕戦に登場。阿部光瑠四段に対し、コンピュータ側で唯一の黒星を喫したという苦い思い出がある。今回も負けてしまっては、弱いソフトという不名誉なレッテルをはられてしまう。こちらも負けられない大勝負である。

※プロ棋士が解説「第2回将棋電王戦」初戦で人間が勝てた理由
http://nikkan-spa.jp/409911

 なお、今回の『第3回』からルールにいくつか変更がある。特に、ハードウェアに統一のもの(ハイスペックなデスクトップ1台)を用いるということ、および持ち時間を4時間から5時間に変更して30分の夕食休憩を入れるという2点は比較的大きな変更だ。

 ともに人間側に有利な変更といえるが、そもそも習甦は『第2回』でもマシン1台だったので、少なくとも本局には大きな影響はない。また『第2回』では、ちょうどおなかが空いて一息入れたいころに対局が終盤を迎えることが多く、疲れも空腹感もないコンピュータに対して人間側の条件が少し悪かったので、持ち時間を少しだけ長くして対応するのはフェアな変更であろう。

 また前回は全5局とも、プロの養成機関である奨励会の三浦孝介初段がコンピュータのかわりの代指しを務めていたが、今回はなんと株式会社デンソーが持つ技術の粋を尽くしたロボットアーム「電王手くん」が登場。絵的にも人間とコンピュータの戦いらしくなった。

 さて、菅井五段といえば「振り飛車党」(※)の研究家として知られ、『菅井ノート』という名著もある。『第2回』は全局が居飛車の将棋だったので、本局ではコンピュータを相手に最高レベルの振り飛車の将棋を見たいというファンの期待が集まる対局でもあった。

※将棋の戦法は大きく分けて「居飛車」と「振り飛車」の2種類があり、プロは「居飛車党」が多く、アマチュアには「振り飛車党」が多い。これは振り飛車が居飛車より王様の囲い方がわかりやすいが、プロレベルでは勝ちにくいことが原因と言われる。もちろん、菅井五段の場合は通算勝率7割の振り飛車なので例外の特別製だ。

 そして実際の対局は、そうしたファンの期待にこたえるように振り飛車の将棋(先手中飛車)となった。もともと菅井五段は早指しが得意で、普段の対局でも序盤にはあまり時間を使わない。習甦のほうも定跡データベースに該当する部分はすぐに指してくるため、対局開始から指し手はテンポよく進む。

28手目△4三金

28手目△4三金の局面図。習甦が「厚み」を築き始める :日本将棋連盟モバイル(http://www.shogi.or.jp/mobile/)より

 控室では「(習甦は)穴熊じゃないんだ」「意外と古い形にするなあ」といった声が上がる。居飛車側が現在の振り飛車を相手にする際に最も有力といわれる戦法は、王様を将棋盤の端のほうに寄せてとにかくガチガチに固める穴熊だ。しかし、習甦は少し珍しい金銀が盛り上がっていく形で、ラグビーのスクラムのような「厚み」で振り飛車側を上から押しこむような戦術を採用したのだ。

 とはいえ、事前に貸し出された習甦と練習対局をくりかえしていた菅井五段にとって、それほど意外な展開ではなかったのか、その後も指し手はどんどん進み、昼食休憩に入る頃で34手目。休憩後には両者の歩がぶつかって開戦というところだ。

⇒続き「習甦、完勝。決め手「評価関数」の改善にあり【観戦記後編】」
http://nikkan-spa.jp/609459


⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=609644

◆将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER
http://ex.nicovideo.jp/denou/

<取材・文・撮影/坂本寛>

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中