偽日本ブランド「メイソウ」をさらにパクってる店に行ってきた

「メイソウ」「ゆうやと」

メイソウとゆうやとの商品比較。売ってる商品もほぼ一緒!

 ロゴはユニクロ似で、商品は無印良品まがい、そして名前はダイソー風――日本発だと嘘をつき、日本品質を強調する雑貨店「メイソウ」の存在が日本で話題となっている。

 そんな中、快進撃を続けるメイソウを、なんとさらにパクった店舗まで出現した。メイソウ同様、ユニクロそっくりの赤地に白字で「ゆうやと」(漢字表記は「優宿」)と書かれた店舗が、深圳市にあるメイソウの3軒隣で営業しているのだ!

 ここも同じく「日本品質」を謳う10元均一の雑貨店で、店内BGMはメイソウ同様、ワールドオーダーの曲を採用する徹底した真似っぷり。ただしメイソウに比べて日本語が表記された商品は少なく、ハングル表記のものもチラホラ。ブランド戦略もメチャクチャのようだ……。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=649315

「ゆうやと」

「国際有名生活ブランド」と書かれた袋に、「木製のシャツハソガー」と書かれたプラスチック製(笑)のハンガー

 取材班が店内で撮影していると、店員が飛んできて画像データの消去を迫られた。悔し紛れに店員に「メイソウのパクリ?」と聞いてみると、自信満々でこう答えた。

「我々の方が先に開店したのよ」

 一方、3軒隣の“本家”にゆうやとについて訊くと「やつらこそパクリ」と見下した口ぶり。この店員によれば、たしかにこのエリアで開店したのはゆうやとが先で、メイソウ側は偽物を駆逐するため、あえて近くにオープンさせたという。日本では偽物と批判を浴びているが、さらにコピーされたゆうやとと並んで見ると、「元祖」としての風格さえ漂って感じられる……。

 次に、ゆうやと商品に記載の住所を訪ねた。応対に出てきた社員は、「メイソウとは全く異なるブランドだ」と憮然と答え、その後はノーコメントを貫いた。また商品には、メイソウと同じく東京にある日本本社の住所もあるではないか。

 さっそく、そこにも足を運んだ。JR中野駅から徒歩7分。築40年以上と思しき古びたマンションの一室だった。郵便受けには「佐藤」とだけ書かれており、今も居住している様子だったが、玄関ベルを鳴らしても応答はなかった。もしかすると、ゆうやと関係者(中国人?)が以前ここに住んでいたのかもしれない。

 今後も、中国各地でねずみ算式にメイソウの類似店が増えていくのかもしれない。

 5/27発売の週刊SPA!「中国[“偽”日本ブランド]再燃の裏側」では、「メイソウ」の本社や日本人デザイナーとされる人物を直撃。さらに変化する中国偽物ビジネス市場から模倣品ビジネスの現状と日本製品への影響を探っている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/3号(5/27発売)

表紙の人/オダギリジョー

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中