アパレルショップで遭遇する「微エロ5シーン」

原田真緒 夏本番の暑い日が続き、街中の女の子たちの服装はますます薄く、露出度が高くなっている。男性諸兄にとっては目の保養になる季節であるが、よくよく目を凝らすと街中には微エロがもっと溢れているものである。特に、「洋服屋では微エロシーンに遭遇することが多い」と妄想たくましい男たちの間で話題になっている。今回、グラビアアイドルの“はらだん”こと原田真緒ちゃんが、アパレルショップで見かける微エロシーンを再現してくれた。

◆荷物を持ち運ぶとき

 荷物を持ち上げるために前かがみになると、胸元が大きくはだけてしまう。

「うわー!これはモロ見え! 皆さん、わざと商品を床に落とさないで下さいね!?」(はらだん)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692440

◆レジで前かがみ

「ついつい机に寄りかかっちゃうんですよね……」(はらだん)

 女性はご注意を。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692442

◆しゃがんで荷物を整理

洋服の整理など、どうしてもしゃがんで作業をすることが多くなるショップ店員。

「こういうときって、荷物に意識が集中していて脚にまで気が回らないんですよね……。気をつけないと!」(はらだん)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692445

◆鏡で反射

「えっ、こんなラッキースケベってあります!? えっ!?」(はらだん)

 本人はまったく気づいていなくても、鏡が絶妙な位置にあるとスカートからパンチラしていることも……!?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692447

原田真緒◆すそ上げのとき
 アパレルショップでの、ズボンの裾上げのとき。仁王立ちしている男性の足元で「いかがですか?」と上目遣いしてくるなんて、まさに“あの”シチュエーションそっくり! しかも、女性店員の胸元にも目線はクギ付け!

「これ、完全に危ない角度じゃないですかー! いやらしいっ!!」(はらだん)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692449

 街中で遭遇するちょっとしたエロシーンに妄想力を働かせている男性。暑い日が続き露出が多くなる季節、女性の皆さんは気をつけてほしい。

【原田真緒ちゃんプロフィール】
愛媛県松山市出身のグラビアアイドル。1988年8月5日生まれ、26歳。パイク・プランニング所属。ファンからは“はらだん”の愛称で親しまれ、愛媛県出身であることからEカップのバストは「いよかんおっぱい」と呼ばれている。
現在、深夜トークバラエティ番組「真夜中のおバカ騒ぎ!」(TOKYO MX、千葉テレビ)出演中。3作目となるDVD『恋衣-こいごろも-』が発売中!
ブログ:「はらだん@ちゃんねる」(http://ameblo.jp/haradan0805/)
ツイッター:@Harada_Mao

アイドルが店員を勤める秋葉原のアパレルショップ「セフィロティック・ツリー」では、8月5日の原田真緒ちゃんの誕生日に、はらだんがデザインしたオリジナルTシャツを発売!

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/三輪憲亮>

原田真緒 恋衣-こいごろも-

たくさんのドキドキを詰め込んでくれた期待の最新作!!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中