日本の名車スカイラインに、ベンツ製エンジン搭載はアリか?

いわゆるメルセデス・ベンツというのはブランド名であって、クルマを作っている会社はダイムラーと申します。そのダイムラー社と日産自動車が提携して誕生したのが、今回のスカイライン200GT‐t。北米を中心に販売するインフィニティQ50にベンツ製のエンジンを積みました。なぜ、昭和の若者が愛したスカイラインがこうなった? その理由を、超合理主義経営者の視点から解説します

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆ベンツ製のエンジンを積んだスカイラインに乗ってみた!

スカイライン オッサン向け週刊誌は、なぜか日産が嫌いだ。社長がガイジンで、年俸10億円ももらってるのが最大のポイントだろうが、合理化のため、売れなくなった過去の名車を次々と消滅させていることも、オッサンの神経を逆なでしている。

 かつて日産の屋台骨を支えたサニーやブルーバード、セドリックは今はない。一方トヨタはカローラもマークII(Xに変更)もクラウンも必死に残している。日本のオッサン的には、切りまくった日産は明らかに非情であり、残したトヨタは人情に篤いのである。

 で、スカイラインだが、これはかろうじて残っている。残っているが、事実上消滅している。現行スカイラインは、グローバル的にはインフィニティQ50という名前で、日本国内向けをスカイラインというに名前にしただけだ。

 で、そのスカイラインを見れば、明らかにアメリカ人向けのコテコテな顔付き。かつてのカクカクしたスカイラインの面影は影も形もない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=695666

「俺の昭和を返せ!」とオッサンは叫ぶしかない。そんな昭和のオッサンの神経を、さらに逆なですることが起きていた。ガイジン顔のスカイラインに、今度はダイムラー社(ベンツを作ってる会社)製のエンジンを積むというのだ!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=695665

スカイライン

スカイライン200GT‐tは383万4000円~。ちなみにメルセデス・ベンツの新型Cクラスは最廉価のC180(1.6リットルターボ、156馬力)が419万円~

 エンジンは自動車の心臓。ついにアタマだけでなくハートまでガイジンにするのか、ぐおおお! でも、ベンツのエンジンってやっぱりいいの?

 乗ってみたら、まあまあでした。

 もともとベンツのエンジンってのは、そんなに特徴があるもんじゃない。長く乗ってると、ジワーっと良さが感じられる肝っ玉母さんみたいな性格だから、ベンツエンジンを積んだスカイラインも、ジワーっと地味にいい感じでした。

 じゃなぜ日産は、わざわざ地味な肝っ玉エンジンを買ったのか?

 それは、このエンジンが2リットルの直噴ターボだから。つまり日産もルノーも持ってない種類のエンジンだからなのである。

⇒【後編】『エンジン音、実はスピーカーから出る偽音!?』に続く
http://nikkan-spa.jp/695663


ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中