女性がモテると認めた「オヤジ」の共通点

「やっぱり女は、デキる男と金持ちにしかなびかないのか……」と決めつけるのは間違っている! さまざまな証言によると、カネや才能とは直接関係のないところで、オヤジならではの「人間力」が評価されているのだ。人間力とは日常の些細なシーンに顔を出すもの。女たちが「モテオヤジ」と認めた人物に共通する習慣を探った。

◆モテる40男は「重くない」

女たちが認める「モテオヤジ」の共通点 40男が「最後の恋をしたい」などと言い出すのは、気色悪いにもほどがある。オヤジならオヤジらしく「楽しく遊べる男」でいよう。

 若い頃なら気に入ったコにロックオンしても“一途な男”で通っただろうが、40過ぎてそれはナイ。

「いろんな女に優しい顔を見せる」くらいが女ウケも上々だ(※63%)。

「私の通っているジムでは、インストラクターと私含む生徒2人に節操なく声をかけてくるオッサンがいる。別にオッサンに気があるわけではないが、女同士でちょっとした競争感が生まれてイイ刺激に。食事くらいなら、誘われたらOKするかも」(32歳・カメラマン)

 意中の女性にプレゼントするとき「その女性が喜びそうなアイテムを選び抜く」というのも、正解に見えて実は「重い」の声が多数。

「同世代の彼氏が贈ってくれたブレスレット。デートのとき、着ている服に合わなかったので外していったら、デート中ずっと手首をガン見されていた。慌てて次のデートにつけていったら、『よかったー、気に入らなかったのかと思ったよ』。めんどくせぇ!」(28歳・視能訓練士)

 そんなウザさを感じさせないのがオヤジの余裕……というわけで、「花束」というベタなチョイスに軍配が上がったのであった(※58%)。

 モテオヤジの大半が「愛妻家」である(※78%)という事実も強く心に留め置くべし。セックスレスをアピールして若い女の同情を誘う――なんて戦略は論外だ。

<モテる生活習慣>
●複数の女性にモーションをかける
●女性へのプレゼントに凝らない
●愛妻家ぶりをさりげなくアピール
●グルメである(食べ歩き名目でデートできる)

※20~35歳の女性200人を対象に「身近にいる“モテる40代男性”」について調査
― なぜか[モテる40男]の生活習慣【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中