タワレコ社長が語る ローカルアイドルの可能性

Negiccoと嶺脇社長

新レーベル発表イベントでのNegiccoと嶺脇社長

「T-Palette Records」は、バニラビーンズ、Negiccoを皮切りに、しず風、LinQとメジャー系、ローカル系問わず、アイドルソングを次々とリリースしている今注目のレーベルである。自らアイドルオタクを自称している嶺脇育夫・タワーレコード代表取締役社長に、自らのアイドル史とローカルアイドルの可能性について語ってもらった。

「アイドルソングに注目するきっかけは、そんなに昔ではなく、モーニング娘。から。それまでは洋楽ばかり聴いてきたのですが、’00年くらいに急に目覚めたんです。テレビをつけていたらちょうど辻ちゃんが出ていて、「カワイイな』って(笑)。それで『Memory青春の光』を聴いてみたらカッコイイ。そこから気づいたらズッポリです。あとモーヲタの熱狂ぶりにビックリしたんですよ。ファンのほうに興味を持って、ロフトプラスワンのトークイベントに通ったり、AKB48劇場にも足を運びましたよ。でも、AKBに関しては、ハマるのを自重したんです。劇場通いし始めたら仕事辞めなきゃいけなくなるから(笑)」

 その後、アイドルへの興味はBerryz工房などハロプロ系、さらには当時ブレイク間近だったPerfumeへと広がった。

「Negiccoを知ったのも、まなみのりさ(Perfumeと同じ広島アクターズスクール出身の3人組)を見に行ったのがきっかけで、ライブの曲が良くって。だからレーベルからリリースする曲は(初期から作編曲を担当していた)connieさんにお願いするという条件を付けました」

 それでは、レーベルの運営者としてローカルアイドルをどう見ているのか?

嶺脇育夫「強みは地域性ですよね。だからNegiccoには今後もねぎを前面に押し出してほしい。これから知ってもらう人にはねぎっていい武器なんですよね。ローカルアイドルの主導役は、各地の地方自治体・芸能スクール・広告代理店などのいずれかなんです。今、Negiccoは振り付けの方やヴォイストレーナーもいないなか、自分たちだけで頑張っている。それでもやってこれているのは、やっぱり地元に根づいてるからですよね。ちなみにLinQを知ったのはユーチューブに上がってる「ハジメマシテ」の動画をたまたま見たんです。ネットで地方にいるアイドルも容易に知ることができるようになりました。ただ、物理的な距離があることの難しさは感じます。やっぱりマーケットは東京ですから。でも、アイドルなら、そこを超えることもできると期待しています。ネットや全国チェーンを持つレコード屋として、その強みを活かして、ここから音楽業界を刺激できればいいですね」

【嶺脇育夫氏】
’67年、秋田県生まれ。’88年タワーレコード入社。’98年に新宿店店長などを経て’11年に代表取締役社長に就任。アイドル専門レーベル「T-Palette Records」を6月に立ち上げた

取材・文・撮影/エドボル 取材・文/渡辺一史 安田はつね(本誌)
撮影/山川修一・山田耕司(本誌)
― ブレイク寸前!? ローカルアイドル図鑑【11】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中