ワイン好きは“伝統国”でも“ニューワールド”でもない日本が一番な理由とは?【PR】

ぶどう畑 月にワインを1回以上飲み、かつ1000円以上のワインを買うというワイン好きに、どの国のワインが好きかを聞いたところ、「日本」と回答した人が80.5%ともっとも多く、「イタリア(62.5%)」、「フランス(62.3%)」を抑えて、ワイン好きの中では日本ワインがトップだったという。

 この「日本ワインの注目度に関する意識調査」(男女416名が回答)は、メルシャンが日本ワインブランド「シャトー・メルシャン」のハイクラス商品「桔梗ヶ原メルロー」が、初ヴィンテージから30周年を迎えたことを記念して行ったもの。「桔梗ヶ原メルロー」は、日本の銘醸地「桔梗ヶ原」から生まれた日本を代表するワインで、味わいはしなやかでふくよか。数年の瓶熟成により、まろやかな旨みとふくよかさがバランス良く感じられるのが特徴。1985年産の初ヴィンテージ以来、日本ワインの最高峰の一つとして評価されてきた。

ワイン好きが注目している生産国

 先だって、世界最大の発行部数を誇る米国のワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』が、Web上で評点を実施する「ワイン・スペクテイター・オンライン」にて、「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原メルロー2011」が、日本ワインの中で最高点となる90点を獲得している。

 さらに同調査で、ワイン好きに日本ワインの興味度について質問をしたところ、ワイン好きの88.7%が日本ワインに興味があると回答。そのうち約3人に1人(31.7%)が「非常に興味がある」と回答するなど、非常に強い関心を示している。さらに日本ワインの購入意向についても質問をしたところ、ワイン好きの86.7%が日本ワインに対して購入意向があることが明らかになった。そのうち約3人に1人(31.7%)が「非常に購入したい」という。

 こうしたワイン好きが「日本ワイン」を購入したい理由は、 1位「日本産のぶどうを使ったワインを飲みたいから」、2位「おいしいから」、3位「ぶどう作りにこだわりを持っているから」という回答が上位になった。

 ちなみにワイン好きの日本ワインの購入価格は、1本あたり 5000円以上という回答が5人に1人(20.5%)。ちなみに、彼らが普段飲むお気に入りのワインの購入価格で、同じく1本あたり5000円以上と回答した人は12%だったという。同価格帯のワインで比較すると、日本ワインのほうが8.5%高い結果となり、日本ワインのほうが、ワイン好きは高価格帯商品を選ぶ傾向が読み取れる。

ワインの購入価格

ワインの購入価格


桔梗ヶ原メルロー

「桔梗ヶ原メルロー」は、1976年から長野県桔梗ヶ原地区でメルローの植栽をはじめたのがルーツで、リュブリアーナ国際ワインコンクールで大金賞を受賞した1985年産の初ヴィンテージ誕生以来、日本を代表する赤ワインの一つとして評価されている。2015年9月に発売となった新ヴィンテージ「桔梗ヶ原メルロー2011」も、同じくリュブリアーナ国際ワインコンクールで金賞を受賞し、外国の要人を招いた晩餐会などでも、和食に合う日本最高レベルのワインとして提供されている。

 このようにワイン好きが支持する日本ワイン。ワインといえば、伝統国(イタリアやフランスなどヨーロッパの昔からワインを作っている産地)やニューワールド(ヨーロッパ人が入植し近代になってワインを作っているアメリカ、オーストラリアなどの産地)だけではないことを知っているだけでも、“違いがわかる男”と言えるのではないだろうか? <文/日刊SPA!取材班>

提供:キリン株式会社「STOP!未成年飲酒!飲酒運転。」

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中