「マンガ飯」が食べられるカフェバー。『深夜食堂』の豚汁定食や、シャアのラム酒も

 今、グルメマンガが熱い。美味い店を訪ねて食べる系から実際に作る、取り寄せるetc.とテーマも細分化している。となれば、実際に食べてみたくなるのも当然。

 作品に応じて店を探すのも一興だが、いろいろな作品を探しながらマンガにちなんだメニューを楽しめる店がある。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=987806

マンガサロン「トリガー」 それが、今年6月に渋谷にオープンしたマンガサロン「トリガー」だ。約4000タイトル、1万2000冊のマンガを取り揃え、店内のマンガを自由に読めるのみならず、マンガの知識豊富なコンシェルジュが、リクエストに応じた作品をお勧めしてくれる。

マンガサロン「トリガー」 客同士での会話も歓迎だそう。ジャンルや年代を問わず様々な名作が揃っているが、各タイトルとも1~3巻までしか並べないのが基本的なルールだそう。

「限られたスペースに多くの名作を揃えることと、『気に入った本は実際に書店で買ってもらいたい』という思いからですね。このお店をきっかけに、新しい作品に出合っていただけたら嬉しいです」(同店コンシェルジュの兎来栄寿氏)

 そして、この店のもう一つの特徴がマンガにちなんだ料理を取り揃えたメニュー。「トキワ荘名物チューダー」(700円)という再現ドリンクもあれば、「上官の食料庫から盗ってきた肉(唐揚げ)」(500円)というネタ的なものもあり、マンガ好きはメニューを見るだけで楽しいはず。「深夜食堂の豚汁定食(豚汁と卵かけご飯)」(600円)などは、マンガの雰囲気さながらの、ホッとする優しい味だ。

マンガサロン「トリガー」「各メニューにちなんだセリフを言いながら飲む方もいらっしゃいます。なおドリンクは裏メニューが600以上あり、シャアが『坊やだからさ』と言いながら飲んだラム酒『ラ・マニー』(1300円)もご用意できます。マンガの必殺技でもキャラクターでも、お伝えいただければご用意いたしますよ」

マンガサロン「トリガー」 なお、夜にはマンガ家やマンガ業界関係者などを招いたイベントも行っているが、年明け以降はマンガ飯をテーマにしたイベントも予定中とのこと。そちらも期待したい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中