スポーツ

“1984体制”から10年後のWWE――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第147回

WWEオフィシャル・マガジン

全米制圧プロジェクト“1984体制”からちょうど10年後のWWE世界王者は“大 穴”ヨコヅナだった(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙より)

 1994年はビンス・マクマホンとWWEによる“1984体制”の10年後である。『1984』とは、高度管理された情報化社会の恐怖を描いたジョージ・オーウェルの近未来SF小説のタイトルで、1984年からはじまったWWEの全米マーケット制圧プロジェクトをオーウェルの描いた近未来社会になぞらえてこう呼ばれた。

 “1984”の10年後はどうなっていたかというと、かつて世界最高峰といわれアメリカのレスリング・ビジネスをモノポリー的に動かしていた“大NWA”は内部崩壊し、全米各地のNWA加盟テリトリーはことごとく活動休止、消滅していた。

 NWA(ナショナル・レスリング・アライアンス)の実権を握ったかにみえたNWAクロケット・プロモーションも経営不振のため“テレビ王”テッド・ターナーに身売り。1988年11月、ジョージア州アトランタに新団体WCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)が誕生した。

 北部のメジャー団体AWA(アメリカン・レスリング・アソシーエション=バーン・ガニア派)も1991年に倒産し、その30数年の歴史に終止符を打った。

次のページ 
WWEとWCWの2大メジャー団体時代が6年めに突入

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事