スポーツ

“レッスルマニア10”ブレットがWWE世界王座奪回――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第152回

レッスルマニア10

“レッスルマニア10”の大トリで、ブレット・ハートがヨコヅナを破りWWE世界ヘ ビー級王座奪回に成功(写真は「レッスルマニア10」オフィシャルDVDのジャケッ

 “レッスルマニア10”(1994年3月20日=ニューヨーク州ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン)には2試合のメインイベントが“用意”されていた。

 ひとつめは全9試合中、第6試合に組まれたヨコヅナ対レックス・ルーガーのWWE世界ヘビー級選手権で、もうひとつは大トリの第9試合にラインナップされたヨコヅナ対“ヒットマン”ブレット・ハートのWWE世界ヘビー級選手権。

 “レッスルマニア”で同一王座のタイトルマッチが1日に2試合おこなわれたのはこのときだけで、カード編成的には“異例の措置”ともいえるひじょうにめずらしいケースだった。

 この年の1月の“ロイヤルランブル”(時間差式変則バトルロイヤル)はブレットとルーガーの“ダブル優勝”に終わり、両選手が“レッスルマニア”のメインイベント出場権を獲得した。ビンス・マクマホンは当初、ヨコヅナ対ルーガーのタイトルマッチにメインのポジションを与えようとしたが、実弟オーエン・ハートとのシングルマッチとヨコヅナとのタイトルマッチの2試合出場を予定していたブレットは試合間のインターバルを主張。ブレットの“正論”に押し切られるような形でビンスがこれを了承し、結果的にヨコヅナ対ルーガーのタイトルマッチが“前座”にまわったといういきさつがある。

次のページ 
ヨコヅナ対ルーガーのWWE世界戦は

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事