スポーツ

“マッチョマン”ランディ・サベージの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第149回

WWEオフィシャル・マガジン

“マッチョマン”ランディ・サベージは“1984体制”からの10年間をリアルタイ ムで体験したWWE史の生き証人。サベージ自身は現役引退‐TV解説者への転向を 希望していたが(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙より)

 “マッチョマン”ランディ・サベージは、WWEの“1984体制”の10年間をリアルタイムで体験した数少ない生き証人のひとりだった。

 サベージがWWEと専属契約を交わしたのは1985年6月。戦後の1940年代後半から1970年代まで活躍した名レスラー、アンジェロ・ポッフォを父に持つサベージがマイナーリーグのベースボール・プレーヤーからプロレスに転向したのは1973年。父ポッフォが主宰していたインディー団体ICW(インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング)、テネシー、フロリダといった南部エリアを長期サーキット後、32歳でニューヨーク・ニューヨークにたどり着いた。

 アナログのレコードにたとえるならば、1980年代のWWEの“A面”はいうまでもなくハルク・ホーガンで、“B面”はサベージとエリザベスの“美女と野獣”コンビだった。

次のページ 
“レッスルマニア3”でリッキー・スティムボートを相手に

1
2
3




おすすめ記事