お金

死神の深夜徘徊――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。 『おかねのかみさま』55回めです。 今回も六本木SLOW PLAYで書いてます。 ※⇒前回「終電」 〈登場人物紹介〉 健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる 神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い 死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気 美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる 店長(店) 健太が働く蒲田の居酒屋「リグレット」の店長。事なかれ主義 〈第55回 オナカスイタ〉 同日 0:06 京急久里浜行き 最終特急 ガタンゴトーン… 「…」 「…」 -次の停車駅は、京急蒲田、京急蒲田でございます 「…」 「…」 「…ミコト」 「はい」 「ソロソロヒッコシタラ?」 「それもそうね。だけど都内に引っ越したら引っ越したで、なんか遅くまでおつきあいが増えそうでヤなの」 「ソレモソウネ」 「でしょ」 「デモ、イツモスワレナイ」 「がまんがまん。死神さん、まだ若いんだから」 「…」 -京急蒲田!京急蒲田でござィリぇス!お降りの方!足元をご注意の上チャッチャとお降りくだしゃぁ! 「アレー」 「しにがみさん!!!」 -ダァシエリイェス!!!!ダァ!シエリイェス!!!! 「しにがみさぁあああああああん!!!!!」
次のページ 
プシュー…
1
2

※連続投資小説「おかねのかみさま」第1回~の全バックナンバーはこちら⇒

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事