お金

カモ専用の入金督促特設会場――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。 『おかねのかみさま』53回めです。 きょうも六本木SLOW PLAYで書いてます。 ※⇒前回「こんなとこ」 〈登場人物紹介〉 健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる 神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い 死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気 美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる 村田(村) 健太が師と崇めるノウサギ経済大学の先輩。元出版社勤務 ママ(マ) 蒲田のスナック「座礁」のママ。直球な物言いが信条 学長(学) 名前の由来は「学長になってもおかしくない歳のオッサン」の略 〈第53回 グェ〉 「あのな健太、俺は去年すげぇ映像を見たんだよ」 「はい」 「多摩川の向こうに川崎って場所があるのを知ってるか?」 「はい。しってます」 「川崎でな、去年火事があったんだ。簡易宿泊所ってとこで、まぁ安い旅館みたいなとこなんだが、全焼して、10人が死んだ」 「ニュースでやってたわね」 「うん。あのとき、火が回る様子がテレビで流れてたんだけど、テレビの音声に絶叫が入ってたんだよ」 「なんて?」 「『こんなとこで死にたくねぇよーーーー!!!!』って」 「……」 「仕事からくたびれて帰ってきた俺は目が覚めちゃったね。その言葉を叫んだ男が助かったかどうかは知らねぇが、とにかくショックだった。逃げられない場所で、助けが来なくて、予定していた死に方とまったく違う最期が目の前に迫っている。『こんなとこ』で暮らしていることは辛うじて受け入れていたけれど、なにも報われないままに『こんなとこ』で背中を炎に焼かれてる。ひとりの人間が受け入れがたい現実に直面したときの叫びに、俺は心臓が締め付けられる思いがしたんだよ。健太、それに比べたらお前は単なるノーマルカモで、騙す連中から見たら死なない程度に追い込まれただけだ。生きろ。強くなれ。これくらいのことは自分で解決して…」 「ワシが貸したげるよ」 「おい」 「ほんとですか!!!!!」 「よかったじゃなーい♡」 「ジジイ、余計なことすんな」 「76万円だっけ?貸したげるよ。そのかわり、なんか担保がほしいな」 「ありません」 「だよねー。ほんとそうだよねー」 「すいません…」 「じゃあ無担保で、月1万円の100回払い」 「!!!!ひゃくまんえん?」 「いやならいいよーん」 「100回払いって…8年4ヶ月…えっと…僕35歳…うーんえっと…」 「ジジイお前そんなカネあるのか?」 「でも…月1万円なら…」 「どうする?」 「お、おねがいします!!!」 「契約せいりつー。じゃあ、借用書かくねー」 「は、はい!」 「けんたくんは、これから、毎月、1万円ずつ、ワシに返します。担保は特にあり、ませ、んと」 「シンプルねー。こんなのでいいの?」 「まぁ結局払えないって言われたらもらえないからな。それでもこういうことをキチッとしておくのも、健太くんの勉強じゃ」 「…」 「じゃあ健太くん、ここにサインして」 「はい!」 「よし。それじゃあ今月末から、君は毎月ワシに1万円を返すこと。いいね」 「はい!ありがとうございます!」 「ジジイ…あのな…こいつが馬鹿のまま過ごす時間が8年くらい延長されただけなんじゃねぇのか?」
次のページ 
ところで健太くん…
1
2

※連続投資小説「おかねのかみさま」第1回~の全バックナンバーはこちら⇒

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事