エンタメ

SKE48が2年連続の年末イベントを開催。見事な“すべり”出しで’17年の幕開けを飾る

 SKE48が’16年12月31日「SKE48 忘れられない大忘年会 ~若手の2016年通信簿~」&「SKE48 カウントダウン公演2016→2017」を行った。

SKE48 ’15年末より始まったこの年末イベント。昼間に開催される「SKE48 忘れられない大忘年会 ~若手の2016年通信簿~」ではまず高校生以下のメンバーが登場。山田樹奈と福士奈央がMC役として、約50名のメディア関係者・スタッフから集めたアンケート結果に基づく若手メンバーの通信簿を発表した。通信簿は10点満点でメンバーを評価するもので、アンケートでつけられた平均点数が今回は通信簿の数字として発表された。

SKE48

MC役の山田樹奈と福士奈央

 以下、各メンバーの通信簿得点。順番は平均点の高い順

竹内彩姫(8.1点)、山田樹奈(7.9点)、小畑優奈(7.7点)、北野瑠華(7.7点)、浅井裕華(7.3点)、江籠裕奈(7.3点)、福士奈央(6.9点)、末永桜花(6.8点)、松本慈子(6.8点)、荒井優希(6.6点)、市野成美(6.5点)、太田彩夏(6.3点)、野島樺乃(6.3点)、町乙葉(6.3点)、杉山愛佳(6.1点)、髙寺沙菜(6.1点)、一色嶺奈(6.0点)、後藤楽々(6.0点)、相川暖花(5.9点)、片岡成美(5.9点)、上村亜柚香(5.7点)、高塚夏生(5.4点)、水野愛理(5.2点)、和田愛菜(5.2点)
 
 イベント内でも読み上げられたが、週刊SPA!もこのアンケートに協力しており得点をつけた。順位的には今回一番低くなってしまったが、水野愛理、和田愛菜ともに今後の期待をこめて6点との採点をつけている。そして唯一10点をつけたのが小畑優奈。これは彼女がセンターを務めた「キスポジション」(「チキンLINE」のカップリング曲)のMV撮影密着取材時に、突然発表されたポジションと真摯に向き合い、苦しみながらも「楽しい」と言いながら撮影を成し遂げたのが、’16年もっとも印象的な出来事だったからだ。各メディア期待をこめた辛口な評価もしているようで、いろんな意見を参考に来年の活動に繫げっていってもらいたい。

SKE48

SPA!から10点を与えた小畑優奈。年末年始号のSPA!連載にも登場している

 このほかにも8期生も登場。トークショーの最後には「片想いFinally」「前のめり」、そして出演メンバー全員で「SKE48」を歌い、大忘年会を締めくくった。

⇒【写真】はコチラ(大忘年会)https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1267744

 23時半からは18歳以上のメンバーによる「SKE48 カウントダウン公演2016→2017」が開催。

SKE48 公演は‘16年に発売された「チキンLINE」「金の愛、銀の愛」でスタートした。まずは’16年を振り返りながらSKEらしい力強くかっこいいパフォーマンスを披露。そして「12月のカンガルー」で劇場を盛り上げた。

 曲終わりのMCでは、今回も前回に続きその年のNo.1を独自に作ったジャンルごとに表彰。そのなかで「扱いづらかったメンバー」というランキングで1位に輝いたのが都築里佳。彼女は前回同様にマイナスなランキングで1位になった際、露骨に不機嫌さを出してしまったこともあり、MCを務めた内山命が「去年はいろいろあったんでええ感じになったらいいですね」と発表前から警戒した様子をみせる。発表後、都築は「No.1には変わりないんで。心が広くなったんで逆に扱いづらさを極めていきたいと思います」と前回からは成長した大人な対応をとってみせ、会場からは盛大な拍手がおきた。
 
 このあとも扱いづらいメンバー談義が続いているとカウントダウンの表示が登場。「Happy New Year」の声とともに新年の幕開けを喜んだ。

SKE48 新年の1曲目は「未来とは」でスタート。未来への可能性を示す同曲だが、MV撮影も行われたナゴヤドームコンサートも思い出され、’17年を再浮上の年にしたいという願いが感じとれた。その後、「涙サプライズ」「SKE48」と披露。最後は’酉年にちなみということで13年に作られた「冬のかもめ」を劇場初披露。キャプテンの斉藤真木子は「かもめのように未来をこう『連れてっておくれ』みたいな感じで」と歯切れの悪いコメントをし、微妙な空気感を作り出すと「心地よいすべりだしだと思ったんですが……」と発言。新年早々、言葉どおり心地よいくらいにすべり笑いを誘った。

SKE48 ‘17年は2月に2ndアルバルの発売や全国ツアーの再開が決まっているなど、SKE48にとって再始動の大きな一年になる。移り変わりが激しいアイドルシーンのなかでSKE48がどんなインパクトを残せるのか、見届けていきたい。

⇒【写真】はコチラ(カウントダウンイベント)https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1267758
<取材・文/日刊SPA!取材班 写真提供/AKS>




おすすめ記事