雑学

中年男性はどの筋肉を鍛えるべきなのか?

 フィットネスジム通いも定番化した昨今。日々、筋肉に意識を向け日常生活を送っているビジネスパーソンはどのくらいいるだろうか。移動には車か電車、買い物もパソコン一つで済んでしまいがちな現代社会において、自分の体に意識を向け、日々トレーニングのルーチンをこなすのはジムでも通わない限りなかなか難しいのかもしれない。

 そうした状況もあり、雑誌やネットニュースでは運動不足のサラリーマン向けに筋トレの効能を解説した記事を見かける。だが、いざジムに通いを始めると、最初にインストラクターからあらゆる部位のトレーニングの説明を受けることもあり、結局時間が取れずに挫折してしまうというケースも少なくない。

整体師の堀川広貴氏

 結局、我々はどこの筋肉を鍛えればよいのか? 自身もスポーツマンであり、筋肉トレーニングに詳しい現役整体師の堀川広貴氏に話を聞いた。

体に自由が利く今だからこそ鍛えておきたい筋肉ベスト3


●1:背筋

「背筋は、人間の上半身の筋肉の中で一番の面積を占めています。それによって、背筋を鍛えると体全体の筋肉量が増えて基礎代謝が大幅にアップします。健康的ですし、太りにくくもなるので是非鍛えておきたい筋肉の一つです」

「また、背筋を鍛えると体幹がしっかりしてくるので姿勢が見違える程よくなります。私の患者さんの中には、背筋を鍛えただけで腰痛が改善され悩みの種であった猫背が治ったという人もいるくらいなんですよ」

 堀川氏によれば、寝る前に背筋を少し鍛えるだけでもかなり違ってくるという。筋トレをする際は、部位を意識することがなによりも大切だそうだ。

次のページ 
一番目立つ“胸筋”や、幸せ筋肉“表情筋”も

1
2




おすすめ記事