スポーツ

“三沢イズム”が色濃く残る中で――中嶋勝彦はノアとどう向き合っているのか【最強レスラー数珠つなぎvol.12】

「最強レスラー数珠つなぎ」――毎回のインタビューの最後に、自分以外で最強だと思うレスラーを指名してもらい、次はそのレスラーにインタビューをする。プロレスとはなにか。強さとはなにか。この連載を通して探っていきたい。

「なんでよけるかなあ!」

 大歓声に紛れて、そう叫ぶ客がいた。超満員の会場に、白けた空気が漂った。

 6月4日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会。GHCヘビー級王座チャンピオンである中嶋勝彦が、5度目の防衛戦に勝利した直後のことだ。おそらく挑戦者モハメド・ヨネの必殺技・キン肉バスターを、中嶋が受けなかったことを言っているのだろう。

 ノアを創設した三沢光晴は、「受けの天才」と呼ばれた。どんな技でも受ける。受けきった上で勝つ。そんな三沢のプロレスを愛するファンが、今でも多くノアを応援している。三沢の付け人だった丸藤正道、三沢が亡くなる直前までタッグパートナーを務めた潮﨑豪……。三沢イズムを継承するレスラーたちの中で、昨年ノアに入団したばかりの中嶋を、ひょっとしたら受け入れていないファンもいるのかもしれない。

「なんでよけるかなあ!」――たった一人の客が叫んだこのひと言が、なにか大きな意味を持つように感じられ、胸が締めつけられる思いがした。自分と重ね合わせていた。

「プロレスを分かってねえな」

 そう非難されたことを、私は思い出していた。

【vol.12 中嶋勝彦】

――鷹木信悟選手のご指名です。15歳9ヶ月、史上最年少でデビューして、意志が強かったんだろうと。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1362755

中嶋勝彦(以下、中嶋):光栄ですよ、嬉しいですね。鷹木選手とは同年デビューで、とても刺激をもらっている選手の一人です。ドラゴンゲートでも試合をしましたし、健介オフィスの後楽園ホール大会でもシングルをやらせてもらいました。それ以来かな。

――6月4日の後楽園ホール大会、素晴らしかったです。三沢さんの追悼セレモニーも感動的でした。あの日のメインイベントで、モハメド・ヨネ選手のキン肉バスターを受けなかったのはなぜですか。

中嶋:だって、受けたら負けちゃうじゃないですか(笑)。

――どんな技でも、受けきる選手もいますよね。

中嶋:僕もどちらかと言うと、受けきりたいタイプです。受けきるほうだと思います。でもキン肉バスターは危険な技ですし、彼の一番得意とする技でもあるので。きっとヨネさんも、僕のヴァーティカルスパイクを受けないようにしていたと思いますよ。受けたら、それで試合が終わってしまう可能性がありますから。

――「受けの天才」と呼ばれた三沢さんの団体の選手として、三沢イズムをどう捉えていますか。

中嶋:僕はノアに入ってまだ2年目なので、丸藤さんや潮﨑さんのように、三沢イズムを言葉にできるほどではないんですけど。三沢さんとはシングルで2度、戦わせていただいて、やっぱり全ての技を受けきってくださいました。プロレスの奥深さをすごく学べた気がします。

――追悼セレモニーのとき、どんなことを感じましたか。

中嶋:三沢さんが作られたベルトを僕が今持っているので、「大事なベルトを持たせてもらっています」という気持ちでした。

――昨年10月にベルトを獲ってから、心境の変化は?

中嶋:ノアをより盛り上げたいという気持ちが強くなっています。今V6ですが、防衛する度に思いますね。今年のノアは「NOAH THE REBORN」を掲げているくらいなので、本当に一からの再生というか、これから新たに作っていこうとしています。親会社も去年11月に新しくなりましたし。

――会社が新しくなって、選手にも変化はありましたか。

中嶋:選手は変わっていないと思います。リングに上がることに関しては、ブレてないですね。僕だけじゃなく、他の選手もみんな。ノアに上がっているという誇りは、すでに持っているので。

――昨年12月、2年間ノアで抗争を繰り広げた鈴木軍が撤退しました。

中嶋:今までは鈴木軍に対して、みんなで頑張ろう、倒そうという図式だったんですけど。鈴木軍がいなくなって、個の力というか、考えというか、そういうのが目立つようになってきていると思います。純粋なノアに戻ったというか。

――観客動員数に変化はありましたか。

中嶋:あったと思いますよ、やっぱり。だから本当に、これからなのかなと。お客さんが一番、これからノアはどうなっていくのか楽しみにしてくれていると思うし、今までが今までだったので、不安要素もきっとまだあると思う。そういうのを払拭できるような戦いを見せられるように、僕自身も努めていきたいなと思ってます。

――不安要素と言うと?

中嶋:簡単に言えば、お客さんを裏切るようなことがないようにしたい。期待に応えるのはもちろんですけど、期待以上のものを見せられるように。これまでもノアという団体は、そういう団体だったと思うので。

次のページ 
空手からプロレスへ

1
2
3
4

■プロレスリング・ノア Summer Navig. 2017 ~第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦~
http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=10053
【開催日】7月27日(木)
【開場時間】18時15分
【開始時間】19時
【会場】後楽園ホール

■プロレスリング・ノア DEPARTURE2017
http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=10076
【開催日】8月6日(日)
【開場時間】11時15分
【開始時間】12時
【会場】後楽園ホール





おすすめ記事