雑学

この時期、ユニクロで「買うべき/買ってはいけない」商品――ヒートテックでも避けるべきアイテムは?

 正月セールが一段落した1月といえば、実は値引き率が高くなる、買い物に適したシーズン。かねてから気になっていたアイテムをGETするまたとないチャンスだ。満足するための商品選びを本音全開で語り尽くす!

アイテムのセレクトをひとつ間違えれば陥る安かろう、悪かろう地獄


 もはやユニクロの代名詞となった「ヒートテック」。しかし珍しさと保温性が注目を集めたのは、過去の話。一口にヒートテックといえども、なかには避けたほうがよいアイテムもある。

「『ストレッチスリムフィットパンツ』は、大幅な改良の余地がある商品。シルエットがイマイチで美脚効果も弱い」

ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ

ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ

 そう明かすのは、スタイリストの宇田川雄一氏だ。

「折りジワや素材の安っぽさが目立つので、ビジネスシーンには不向き。センタープリーツも取れやすいのも残念ですね。今はまだウールパンツにヒートテックのタイツを合わせたほうが無難です」

ヒートテックマフラー」も暖を取るには申し分ないが、大人のスタイリングには難アリだ。

ヒートテックマフラー

ヒートテックマフラー

「ヒートテックのケミカル感がどうしても安っぽく見えてしまう。顔まわりに安っぽい素材を持ってくると『見た目に無頓着な人』という印象を与えてしまいます。同じユニクロでも、カシミヤマフラーを選んだほうが品良く見えるのでオススメです」

 カジュアルの定番とも言われる「フランネルチェックシャツ」だが、毛羽立ちのある素材感ゆえに中年が着ると、子供っぽく見えてしまうので注意が必要だ。

フランネルチェックシャツ

フランネルチェックシャツ

次のページ 
一方、買うべき商品は?

1
2





おすすめ記事