お金

乱高下する仮想通貨相場を株取引と比較してみる[コラムニスト木村和久]

持ち続ける

 仮想通貨の初期段階で買って、充分利益があるし、失っても怖くないという方はぜひ持ち続けましょう。さらに相場が大化けすることもあり、税金を払っても「億り人」になれるかもですよ。  悠々自適の方は1割もいないでしょう。多くは「ミセス・ワタナベ」状態です。ミセス・ワタナベとは、英国でよく言われた、小口の個人FXトレーダーの総称です。日本は主婦が昼休みにFXで稼いでるみたいだと、10年ほど前に報道されたのです。それが転じて日本では「おばちゃんが取引を開始する時点で、全員参加の祭り状態だから、相場のピークは終わり」という意味でも使われます。  つまりミセス・ワタナベが登場したら、気をつけろということです。仮想通貨は若者が一斉に飛びつき、ミセス・ワタナベ状態となり、相場が終焉してしまいました。もちろん第二、第三の相場形成の可能性は今後ありますが、とりあえず第一ラウンド終了ってとこですか。  この状況で高い価格で買ってしまい、俗に言う「梯子を外された状態」なら仕方ありません。このまま「鬼ホールド」する、すなわち「塩漬弥栄子」(塩月弥栄子先生の名から拝借)にしておくのが、手っ取り早いです。  いてもたってもいられない人は、仕方ありません、動きましょう。ただし、責任は持ちませんよ。どうやるか、2つの方法を紹介します。けど、どれもビギナーには向いてません。こういうテもあると理解されたし。 ①ナンピン買いをする  ナンピンは「難平」あるいは「何品」とも書きます。つまり相場が下がったときに買い増して、平均購入額を下げる戦法です。仮想通貨の購入額が100万円ならば、50万円に下がったときに買います。さすれば、75万円ぐらいに戻れば、マイナス解消、あるいは利益が出るというわけです。  ただし「下手なナンピン、けがのもと」と言われているように、ナンピン買いのタイミングが悪いと、そのまま30万円ぐらいに下がり、ますます損をすることもあります。 ②売りを仕掛ける  売りを仕掛けるというと、初心者にとって理解不能の取引で、最初はエアーかと思ってしまいます。というのも「先に売って、後から買う」取引だからです。例えば100万円の相場で、売りを仕掛けたとしましょう。これが70万円に下がれば、30万円の利益となります。仮想通貨ではFXと同様にレバレッジ取引が可能なので、売りを仕掛けることができます。  株では「空売り」とも言いますね。参考までに売りを仕掛けた有名な映画があるので、紹介しておきます。2008年のリーマンショックで空売りを仕掛けてサブプライムローンの暴落を待ち、巨万の富を得た実話映画が「マネーショート」(2016年)です。サブプライムローンは崩壊すると信じつつも、しばらくはローンが絶好調で、相場はうなぎ昇り。映画の途中、見てて胃が痛くなりそうでした。空売りはマジ怖いです。私も何度か試しましたが、生きた心地がしませんね。  というわけで、現在、仮想通貨相場は「終わりの始まり」状態です。第二幕の材料を待ちましょう。消えた580億円がどうなるか、その動き次第ですね。
木村和久

木村和久

■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事