マネー

乱高下する仮想通貨相場を株取引と比較してみる[コラムニスト木村和久]

木村和久の「オヤ充のススメ」その197 ―

 仮想通貨ファン1000万人の皆さま、本日の御気分はいかがでしょうか? 最近の仮想通貨の乱高下は想像を絶するものがありますね。株取引歴13年の私も、こんな超バブルな相場は見たことがありません。

 そこで株やFXと似ている仮想通貨相場を調べ、今後どういう取引ができるか考えてみました。

仮想通貨 仮想通貨の相場はスマホ検索すると、主だった通貨の日足チャートが出てきます。多くの相場は1年前に数万円ぐらいから始まり、昨年末がピークで20倍以上、そして急落して、ピーク時の6~7割程度まで落ち込んでいる、こんな感じです。

 株の相場で言えば、絶好の「押し目買い」のチャンスです。押し目とは相場のピーク時から急落して踊り場でひと休み。この膠着状態で何か材料を出ると、激しく上下に動くのですが。

 押し目買いはリスクもあります。過去の体験でいうと、任天堂の株価がピーク時(2007年)の7万3000円から、翌年4万3000円まで下がったので、買いと思って仕込みました。任天堂は100株単位で買うので、430万円の買い物です。それがタダ下がりで、泣く泣く330万円ぐらいで売りました。あれは2008年かな。以後、任天堂の株価は1万円を切るまで下がります。最近ですよ、5万円ぐらいに戻ったのは。じゃ戻るまで10年間持てってことですか。そりゃできない相談ってものです。

 仮想通貨相場を振り返ると、’17年の暮れに売っておけばよかったとほとんどの人が思っています。けど欲に目がくらんで、なかなか売り抜けができなかったのです。相場はピーク時に売り逃げするのは至難の技と言われています。ピークとは、あくまで結果論で、あとでわかるものだからです。

 女性を口説くことに成功できたときも「あの日、彼女が家で飼っていたハムスターが死んだから弱っていたんだなあ」って後になって気づくでしょ。

 相場の格言に「頭と尻尾は(猫に)くれてやれ」というのがあります。これは、一番低い価格で買って、一番高い値段で売るのは不可能だから、ほどほど儲けたら利益を確定しなさいということです。だから程よい利益確定すべき時期は、去年の秋口でした。10倍も値上がりしたら、もう充分でしょ。

 さて今後、すでに仮想通貨を持っている人はどうしましょうか。

次のページ 
ミセス・ワタナベが登場したら気をつけろ

1
2





おすすめ記事