R-30

モチベーションはなぜ薄れてしまうのか? 自己啓発セミナーが麻薬である理由<魂が燃えるビジネス>



自己啓発 モチベーションを上げたいのなら、その根拠は自分自身に求めましょう。誰かに無理やり植え付けられても、心には根付きません。恒常的なモチベーション源にはならないのです。だからこそ高いお金を出して何度も通うハメになります。

 しかしこれまでの自分の過去を見つめ直し、これから目指す成功像を内面から作り上げれば、それがあなたから失われることはありません。心ある主催者であれば、「私のようにやれば上手くいきますよ。私のようにやりなさい」とは言いません。自分の話を通じて、相手の心に自信が芽生えるような仕掛けをちゃんと施しています。自己啓発を名乗りながら、相手を自分の言いなりにするのは背信以外の何物でもありません。

 あなたにまだ自信がなければ、「私にはモチベーションになるような根拠なんてない」と思うかもしれません。しかし、それは「ない」のでなく「見えない」だけです。私たちは常日頃、自己を挫かれるような体験をたくさんしています。その中で自分は大したことがない、何の取り柄もない、と思い込まされています。

 しかし、本当は大したことがあるかどうかなんて関係がないのです。自分が心から楽しめることを誰かが喜ぶ形でやっていれば、次第に人が集まり、それが生き甲斐やお金に変わります。60億の人類全員を調べたわけでありませんが、今まで一度も楽しかったことも、得意だったことも、感謝されたこともないなんて人間なんていません。少なくともこれを読んでいるあなたはそのはずです。

 それなのに才能などという尺度を持ち出すから、自分で自分を否定してしまいます。自分の内にある種子を否定するのではなく、肯定することこそが自己啓発です。自己啓発本をたくさん買ったり、高額セミナーに参加するのが自己啓発ではありません。

 もちろんなかには大変勉強になる内容もありますが、全員が同じ結果になるわけがありません。大学受験で同じ予備校に通ったり、同じ参考書を読んでも、同じ結果になるとは限りません。吸収できるかどうかはいつだって自分次第、成長をもたらすのは「自分はどうだっただろう? 自分ならどうするだろう?」という問いかけです。

佐々木【佐々木】
コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る

コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る
1
2





おすすめ記事