恋愛・結婚

40歳・年収480万の男性が結婚できる女性は何歳?「年収と年齢差」のシビアな法則

 こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は婚活を短時間で終了させるための成功するマインド編なので、テクニックとは少し異なりますが、「婚活をいよいよ真面目にしていこう」と考える方にはぜひ知っていただきたい内容です。

山本早織(ヘアメイク/kanagon 撮影/山川修一)

 現在、婚活はさまざまなサービスができ、「出会いの量」に関しては困らない人が増えています。にもかかわらず、独身で彼女のいない男性は「出会いがない」ということを理由に私の元へ相談に来ます。

 しかし、実際は「出会いがない」のではなく、「自分の求める人との出会いがない」というのが正解です! 出会いのサービスを我流で使用してきている男性の多くの方は「異性を選ぶ」という思考に変わってしまっているように感じます。どうやら「プロフィール」という存在が相手を【選ぶ】マインドを作り出してしまうようなのです。

 本来、恋愛に関しても、結婚に関しても【相手から自分が受け入れてもらえるか】ということが大前提で、最初から【選ぶ】というマインドはないはず。なのに、自分の好みのタイプだけにお見合いのお申し込みをし続ける方、お申し込みをいただいても「自分の好みじゃないから」と、そこからの学びを一つも得ることなくお断りしてしまう方……このような人たちは「アイドルや女優さんと結婚するのだ!」と、本気で言っている人と同じようなものです。

 テレビの中のアイドルや女優さんはあなたを受け入れますか?「求めているものを持っている異性」として、あなたを恋人や結婚相手として受け入れますか?

 結婚とは、あなた自身がどんな人から求められ、受け入れてもらえるのかをしっかり理解すること。そして、相手の幸せを願って、相手女性が求めている幸せの形を自分の幸せと感じ、提供することができるかです。あなた自身はどんな人となら求めている幸せな形を作れると思いますか? 結婚相手は【選ぶ】のではなく、育て合える人を【見つける】ことが大切だと私は考えます。

 結婚相談所に入会を希望する方にはいつも「どんなお相手がタイプですか?」とお聞きしています。実はこの質問を深掘りしていくと、その人がどんな恋愛を経験したり、見聞したりしてきたかがわかります。

 過去の恋愛で「失敗したこと」、「幸せに思ったこと」を総合して「こういう人で失敗したから、こういうことをしない人がいい」「これが嬉しかったから、これをしてくれる人がいい」と、これまでの経験からいいとこ取りをしたものが「タイプ」に反映されていることが多いです。恋愛経験の少ない方だと、周りの声、特に近い存在の人の考え方に影響される傾向にあります。

次のページ 
結婚相談所で成功、得する人とは?

1
2





おすすめ記事