エンタメ

ズブ濡れ愛人がテーマ!? 愛人キャラを貫く和久井雅子のグラビア愛とは?

 グラビアが好きすぎて会社を退職。元OLにして愛人キャラとして人気を集めるタレントの和久井雅子が本誌週刊SPA!人気連載「グラビアン魂」に初登場。それを記念して、デジタル写真集が発売中だ。みうらじゅん氏がエスキース(絵コンテ)を描いた愛人グラビアに果敢に挑戦した彼女。いったいどんな撮影だったのか。和久井雅子本人に話を聞いた。

和久井雅子――グラビアン魂初めてですよね。出演した感想は?

「グラビアン魂に出させていただけると思っていなかったので、本当に嬉しい気持ちで一杯でした。撮影当日まで、すごく緊張してちゃって……。でも、実際に出来上がった写真を見て、素敵に撮って下さっていたので、とても嬉しかったです」

――今回は「愛人設定」。しかも、和久井さんから「雨の日、奥さんが帰ってきて、慌てて追い出されてズブ濡れになってる愛人」ってリクエストもありました。それを踏まえた2人のプロデュースだったわけですが、苦労とかありましたか?

「実年齢よりも歳上に見られることが多く、デビューしてからの撮影は大人っぽいシチュエーションが多かったです。そのため、今回のテーマも私に表現出来るか正直不安でしたね。でも、どんなシチュエーションで撮影したいか先に意見を聞いていただいていたので、実際に再現していただいたことが初めてだったのでとても嬉しかったです」

――しかも、みうらじゅんさんがエスキース(絵コンテ)を描きました。

「みうらじゅんさんに絵コンテを書いていただいて光栄でした。素敵な衣装とメイクで撮影して下さったので、自然と世界観を感じることもできた。だから、特別に苦労したということはありませんでしたね(笑)」

――じゃあ、工夫した点は?

「好きな男性との避暑地へ逃避行」というテーマだったので、普段の自分ではなく、設定を大切にしました。切ない表情や、女性らしい体のラインを出せるよう努力しました。

和久井雅子――最後に読者に見て欲しいポイントは?

「一つの世界観があったので、一緒に逃避行しているように感じていただけたら嬉しいです。切ない表情や大人っぽい雰囲気を意識して頑張ったので恥ずかしいですが、雰囲気だけでも伝わったら、とても嬉しいです」

■プロフ■
わくいまさこ●’94年生まれ、福岡県生まれ。T162B82W58H87。OLを辞めて上京し、今年グラビアデビューした注目のグラドル。24歳とは思えない大人びた雰囲気に、愛人キャラとして人気を集める。彼女の最新情報は公式ツイッター(@wakui_masako)でチェック!

取材・文/日刊SPA!編集部
撮影/髙橋慶佑

SPA!グラビアン魂デジタル写真集 和久井雅子

OLを辞めて上京し、2018年にグラビアデビューした注目のグラドル。23歳とは思えない大人びた雰囲気に、愛人キャラとして人気を集める

 dmm_book





おすすめ記事