恋愛・結婚

女性ポルノ研究者が「女性向け風俗」を真面目に人類学してみた

女性向け風俗 近年増えつつある女性向け風俗。現在日本各地に数十店舗程あるそうだ。そのサービス体系として、性感マッサージ、出張ホスト、レズビアン風俗という3つのジャンルがある。これらは、大きく分けて「マッサージ型」と「擬似恋愛型」と2つの要素があり、各店舗によってこの2つのバランスが多種多様である。

 さて、私はロンドン大学東洋アフリカ研究学院人類学・社会学PhD課程に在籍し、ジェンダー・メディアという観点から女性向けポルノグラフィを研究する、若手の人類学者である。現在、研究資料収集のため長期で帰国中なのだが、「女性向け風俗」というものの存在を耳にした。自らも女性として、そして女性の性欲を日々考える研究者としては無視できず、「実際にどのようなサービスがあり、女性のニーズを満たしているのか」をリサーチするべく、女性向け性感マッサージ店の施術を体験してみることにした。

 今回、調査対象にしたのは「性器への接触がないこと」を売りにしている性感マッサージ店「SPA White」。2018年4月にオープンし、確実に集客数を伸ばし続けている。現在、在籍するセラピストは関東・関西合わせて11名。その年齢層は20代~40代と幅広い。セラピストは男性だけでなく女性セラピストも在籍している。店長兼風俗講師のあす香氏(20代・女性)はこう語る。

「私自身、男性向け風俗で働いていたのですが、女性の方々に『実生活でより幸せになっていただきたい。女性向け風俗は日々の日常に疲弊した際のSOSとして利用してほしい』と思うようになり、起業したんです」

 あす香氏は、昼間は百貨店内の美容エステシャン、夜を風俗店勤務という経歴を経て、現在は男性向け風俗で働く女性のために風俗講師としても活躍中である。自身のエステシャンだった経歴を生かし、リラクゼーションで得られる多幸感に注目し、女性向け風俗の開業を志すようになったという。

 性器への接触、つまり粘膜接触がない、という点については性感染病のリスクを考慮してのことという。近年、性感染症はSTI(Sexually Transmitted Illnesses)と呼ばれ、各自治体でも性感染症検査などの啓発活動が盛んに行われている。

 あす香氏曰く、実際、性感帯は性器だけではなく身体全体にあり、それは個々によって異なる。これは確かに「セックス=挿入感」つまり、その前提としてある「生殖としてのセックス」ではない、「セックスの多様性を提唱する」という点でより強調されるべきものである、と私も考える。

 セックスを挿入のワンパターンではなく、コミュニケーションとして捉え、心身共にリラックスしてもらうのが、あす香氏の目標だそうだ。

 さて、実際に私も施術を経験したわけだが、まずは爽やかなイケメンセラピストと新宿某所で待ち合わせ、というシチュエーションから始まった。

 最初は「初めまして」とぎこちなくお互い挨拶をした。イケメンセラピストは満面の笑みで「緊張されているでしょうが、今日は僕におまかせください」と私の手をとり、そのまま私たちは談笑しながらラブホテルへ。

次のページ 
どのような利用客が多い?

1
2





おすすめ記事