恋愛・結婚

ママ活大学生と会って“乙女心に火がついた”主婦、ホテルの誘いは断ったが…

 若い女性が経済的な援助をしてくれる年上男性を探す活動=“パパ活”という言葉が知られるようになったが、最近ではその逆パターンの“ママ活”まで登場。テレビのワイドショーを賑わせている。

 主婦の高井陽菜さん(仮名・37歳)は友人にすすめられ、実際にママ活をしている大学生と会うことになった。1回きりのママ活だったが、その後、思わぬ方向に……。

ママ活

※画像は、イメージです

主婦友にママ活の男性を紹介され…


 同じく主婦の友人Aさん(35歳)は、話題のママ活にハマっている。彼女は高井さんとお茶するたびに若い男性と話すことの新鮮さや、お小遣いをあげるとものすごく感謝され優越感に浸れることなど、ママ活の楽しさを熱弁しては、しきりに「あなたもやってみたらいいのに」とすすめてくるそう。

「特に年下が好みというわけではありませんでしたが、夫とはマンネリ気味で退屈していました。子どもがいるわけではないので、自由な時間も多い。軽い気持ちでAさんがママ活で知り合ったという大学生(20歳)の友人であるBくんと会ってみることにしたんです」

 渋谷のスタバで待ち合わせをすると、5分遅れて志尊淳似の童顔な男性が現れ、思わずドキッとする高井さん。

「当初は、そんな若い子を相手に緊張なんてするわけないと思っていたのですが……あまりの可愛らしさに胸が高鳴ってガチガチになってしまいました」

 お互いに自己紹介をして、Bくんの大学やアルバイトの話をしていると、ふと野球の話題に。

「私、夫の影響で数年前から横浜ベイスターズのファンなのですが、Bくんも横浜出身で子どもの頃からベイスターズファンだって言うんですよ」

 そこから一気に距離が縮まった2人は電車に乗り込み、関内にあるベイスターズが運営するカフェまで向かったという。そこでベイスターズの寮で出されているカレーを食べたり、横浜のクラフトビールを飲みながら野球話で盛り上がった。

 時間はあっという間に過ぎていく。とはいえ、高井さんは既婚者である。

「トイレに立ったときに、夫に『急に友達と飲みに行くことになったから適当にご飯食べてね』とLINEしました。Bくんといるのが楽しくて、もう少し、もう少し……と、だんだん夜が更けていきました」

次のページ 
ママ活の目的は“金銭”だと改めて知った

1
2





おすすめ記事