マネー

パチスロ6号機も爆裂機が続々登場!

紅蓮の王が6号機で再臨


【ヴァ―ミリオン】筐体

パチスロ ロード オブ ヴァ―ミリオンRe:【七匠】
(C)2007-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. (C)NANASHOW

パチスロ ロード オブ ヴァ―ミリオンRe:【七匠】
(C)2007-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. (C)NANASHOW

 デジタル揃いメインのゲーム性や一撃に期待できるフリーズと、人気オンライン対戦型トレーディングカードゲームのパチスロ版としてだけではなく、そのスペックでも話題を呼んだ前作から2年。待望の続編『パチスロ ロード オブ ヴァ―ミリオンRe:』が12月から全国のホールに導入される。

 6号機でさらにパワーアップしたスペックは、ATの純増約5.7枚という現行機種トップクラスの性能を実現しているのが特徴。AT(ボーナス)は50~200G継続の「ヴァーミリオンBONUS」とベルナビ5回で終了する「ヴァーミリオンチャンス」の2種類で、それぞれ消化中にVERMILION LOOPランプが点灯すれば天国モード濃厚に。天国モードは96G以内のボーナスループが確定するだけではなく、ヴァーミリオンBONUSの選択率も約80%になるため、一気に出玉を増やす大チャンスとなるのだ。しかも天国モード中の自力当選でさらなる天国モード継続が濃厚になるばかりか覚醒すればボーナス期待度も大幅アップと、より強力な天国ループに期待も。

 そして前作から受け継がれた皇帝フリーズ発生で400G以上のATが確定、しかもフリーズは通常時にハマるほど発生率がアップするという特徴も。AT初当たりは液晶デジタル奇数揃いからの直当たり、ベルやリプレイで獲得抽選が行われるポイントによるマナシステム、VS揃いから発展する5GのCZ「バトル オブ ロード」でのバトル勝利が主なルートだ。

 モリモリ増える6号機ならではの高純増ATは、短時間勝負にもピッタリ。会社帰りでも満足できる勝負が期待できる『パチスロ ロード オブ ヴァ―ミリオンRe:』は、サラリーマンスロッターにとっては要注目となりそうだ。

トマト収穫でボーナス大豊作


【リノ】筐体

スーパーリノXX(ダブルエックス)【山佐】
(C)YAMASA

スーパーリノXX(ダブルエックス)【山佐】
(C)YAMASA

 リアルボーナスの連チャンで、熱烈なファンを生み出した山佐のリノシリーズ。6号機で登場する最新作もトマトがアツいお馴染みのゲーム性を継承しつつ、ボーナスループ率を大幅にアップ。マンボのリズムに乗ったボーナス連打に夢が膨らむ『スーパーリノXX』は、12月上旬から全国ホールに導入予定だ。

 5号機末期には規制されてしまったリノシステムが、6号機で堂々復活!

 リノシステムを簡単に説明すると、通常時にほぼ成立し続けているMBを一定の条件で入賞→終了させれば、リアルボーナスが高確率抽選されるボーナスチャンス状態に突入するというもの。その一定の条件がトマト揃いになるが、トマトは左リールで3択(もちろん外部からは判別不可能)という特徴があるため、トマト成立ゲームで揃えられるかどうか=トマトチャンスという他にはないアツいゲーム性で多くのファンをヤキモキさせている。

 最新作でもトマトチャンスは健在で、通常時の逆押しで右リール上段にトマトが成立したらトマトチャンス到来。後は左リールにどこを狙うか、正解か不正解でまさに天国と地獄になる。見事にトマトが揃えば、MB消化後に約105枚獲得のリアルボーナス高確率状態に突入。ボーナスループ率は約85%とリノ史上最高の値になっていると同時に、これまでにはなかったボーナス告知も搭載。ランプが光れば確定、また違和感演出でも超激アツと、さらに楽しいボーナス連打が期待できるのだ。

 通常時のトマトチャンス発生確率は約1/130(設定1)と、数千円で1回のチャンスが期待できるのがリノの楽しさ。運試しで打つもよし、もちろんトマト収穫に成功するまで粘ってもよし。見事にトマトが揃えば、シリーズ最高峰の連チャンが期待できるだけに、これまで敬遠していたスロッターも『スーパーリノXX』でトマトチャンスの楽しさを是非とも体験していただきたい。

次のページ 
コンダラとは何か? 間違っていないか?

1
2





おすすめ記事