マネー

一撃1999枚獲得可能なハイスペック爆裂機が満を持して登場!

 令和になって1か月、6号機と旧基準機が入り乱れ、パチスロ界は戦国時代の様相だ。今回は6号機から2台を紹介。

コナミアミューズメント
実況BINGO倶楽部
(C)Konami Amusement

ビンゴ+パチスロで分かりやすさ満点

実況BINGO倶楽部(コナミアミューズメント) (C)Konami Amusement  ゲームセンターでも人気の『麻雀格闘倶楽部』、本格的競走馬育成と可愛いキャラクターでヒットした『GⅠ優駿倶楽部』と、コナミのパチスロを代表するタイトルになった「倶楽部」シリーズ。その第3弾として6号機で登場したのが、6月から導入が始まっている『実況BINGO倶楽部』だ。ビンゴが揃えばボーナスという単純明快なシステムは、パチスロ初心者でもドキドキしながら遊べること間違いなし! 『実況BINGO倶楽部』のスペックは純増約3枚のATによる擬似ボーナスタイプで、ボーナスは20G継続の「プチボーナス」と30G+α継続の「ビンゴボーナス」の2種類を搭載。さらにプチボーナスは約45%でビンゴボーナス昇格のチャンスがあるのだ。ビンゴボーナス消化中はビンゴカードを成立役に応じて作成し、終了後のチャンスゾーン(CZ)でボーナスループを目指すことが出玉増加の鍵になる。この際、特定役を引いたり同じ役が連続すればFREEマスが増えるためCZ突破の期待度がアップする。またビンゴボーナス突入時にビンゴ成立ラインによって、ゲーム数上乗せも期待できるぞ。  通常時からボーナスチャンス、そしてビンゴボーナス後の引き戻しとなるCZ「ビンゴチャンス」は、成立役などによってマスを埋めていき揃えばボーナス確定と、まさにビンゴゲームそのままの興奮が楽しめる。さらに押し順ナビが発生して達成率大幅アップの「エキサイティングゾーン」や、ビンゴ成功時にさらにライン数を増加させてゲーム数上乗せとなる「エクストラチャレンジ」など、ビンゴゲームを盛り上げる要素も満載だ。  ラインが揃えば大当り、複数ラインならゲーム数上乗せという特典もと、分かりやすさと興奮度が楽しめる『実況BINGO倶楽部』。パーティの余興さながらに、状況に応じて内容が変化する実況機能も搭載されているだけに、成功した際にはホールでも思わず「ビンゴ!」と叫んでしまうかも!?
次のページ 
一撃1999枚が可能?!
1
2
勝SPA!





おすすめ記事