ライフ

初心者でも釣りの魅力は味わえる。おすすめの爆釣スポットは…

 残暑が和らぎ、釣りをしながら浴びるそよ風が気持ちいいシーズンになってきた。昨今はやりのアウトドアのなかでも、釣りは“人類最古の趣味”とも言えるほどの歴史と奥深さがありながら、初心者でもハードルが低いのが魅力。最近は“釣りガール”と呼ばれる釣り好きの女性も増加中だ。  今回は、初心者でも楽しめる釣り方と場所について、釣りの専門紙『週刊つりニュース』編集部の高崎稔弘氏に話を聞いてみた。
『週刊つりニュース』編集部の高崎稔弘氏

『週刊つりニュース』編集部の高崎稔弘氏

釣り堀、海釣り施設、船釣りがおススメ

 高崎氏がまずオススメするのは、釣り堀。都内であれば、「市ヶ谷フィッシングセンター」(新宿区)や「品川フィッシングガーデン」(品川区)など、10数か所の釣り堀があり、ゲームセンター感覚で手ぶらで行っても全然OK。圧倒的にお手軽で、料金はおおよそ1000~2000円で楽しめる。釣り方もスタッフに聞けば、丁寧に教えてくれる。 「エサのつけ方なども教えてくれますし、イケスのなかに大量の魚が泳いでいるので、難易度はかなり低い。それでも、魚を釣り上げる喜びは十分に味わえます」(高崎氏)  もう少し“らしい”釣りを楽しむなら、海釣り施設と呼ばれる堤防釣り専用のレジャー施設がいい。横浜市内の「本牧海釣り施設」、「大黒海釣り施設」などが有名で、安全に釣りが楽しめるように堤防沿いに柵が設けられ、釣り道具の販売やレンタルなども行っている。初心者向け教室を定期的に開いているので、ホームページから予約して参加できる。施設利用料は1000円前後なので、フトコロにも優しい。
本牧海釣り施設

本牧海釣り施設の護岸 (c)週刊つりニュース

「海釣り施設ではプランクトンが集まりやすいよう、海底にブロックが落としてあり、季節ごとにさまざまな魚が集まります。とはいえ、常連客など周囲に釣り客が多いので、釣れるかどうかは運や実力にも左右されます」(高崎氏)  たくさんの魚を釣り上げるなら、“船釣り”がオススメだ。アクセスが良いのは東京湾で、川崎、鶴見、金沢八景などの神奈川方面のほか、浜松町、平和島、浦安など東京・千葉方面からも多数出船している。 「この数年で人気なのは、アジ釣りですね。なかでも、軽量の重りを使った釣竿で釣る“LTアジ”と呼ばれるものは、初心者でも釣果が見込みやすい。船宿によっては、午前や午後など、半日だけで楽しめるものもあります」(高崎氏)  船釣り業者は多数あるが、浦安の「吉野屋」や金沢八景の「一之瀬丸」などは老舗の部類に入り、経験豊富。料金は丸1日で1万円前後、半日で6000円前後が目安となる。船釣りは魚がたくさんいるポイントまで移動して釣り糸を垂らすので、初心者でも釣れることが多いのだ。
一之瀬丸

一之瀬丸 (c)週刊つりニュース

次のページ 
近場の公園でサクッと楽しむ「フナ釣り」
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事