震災時でも「お客様第一」を貫いた従業員たち

震災により自らも甚大な被害をうけながら、利用客の帰宅を最優先に行動した福島「スパリゾートハワイアンズ」の従業員たち。そんな彼らに当時の状況を語ってもらった

小山健一さん小山健一さん ●新潟・栃木県営業担当

「あのとき、僕ら全従業員の最重要課題は『いかにしてお客様をご自宅へ安全に送り届けられるか』でした」と語るのは、スパリゾートハワイアンズで、新潟・栃木県エリアの営業担当として働いていた小山健一さん。営業という職種で培われた土地勘の高さから、地震発生の翌日12日の朝7時にホテルに出勤した後、下山田支配人に「東京までのルートを辿ってくれ」と指示された。

「お客様の多くが東京方面の方だったので、ネットやテレビで東京への道路状況を調べたものの、確実な情報はゼロ。だったら自分たちで道を開拓するしかないという話になったんです」 

 数時間後、小山さんを含めた4人の従業員が2班に分かれ、ハワイアンズから東京までの帰宅経路を検証することになった。

「常磐道は無理だという情報は入っていたので、ひとつのチームは海沿いを走る6号線ルート。私たちは、内陸の49号線から入って4号線を使うルートで東京に向かうことになりました」

 だが、海沿いの6号線ルートは、津波の被害がひどく、ほぼ通れない状態だったため、もうひとつのチームは、早い段階で東京行きを断念した。

「『海沿いのルートはダメだった』との報告を受け、『これは、自分たちが行けないとまずいな……』と責任感が増しました。また、乗客数が多いとなると、トイレなどもコンビニで借りるわけにもいかないので、『ここには道の駅がある』など、実際に帰宅時に立ち寄ることになりそうな休憩所や店の情報も収集していました」

 そして、ハワイアンズ出発から約12時間後。小山さんは、無事東京に到着。その朗報は下山田支配人に携帯メールで伝えられ、翌日13日の早朝9時に、18台のバスが小山さんのルートを辿って東京への帰路に就いた。余震も続いている状況下、捨て身でルート探索に行くとは。まさに、陰の功労者と言えよう。

大型バス

東京まで宿泊客を送り届けた45人乗りの大型バス


― 福島「スパリゾートハワイアンズ」復活の軌跡【4】 ―




おすすめ記事