デジタル

ダイソーの釣り具セットで何が釣れた?初めての釣り入門

これからのシーズンは釣り入門にうってつけ

 暦の上では夏の終わりが近づいていますが、この季節は魚釣り入門に最適なシーズンです。  特に、晩夏を迎えたあたりから初秋~晩秋にかけて、磯や岸壁、砂浜と波打ち際で大型魚が釣れるチャンスが到来します。簡単に数が釣れて気軽に楽しめるので、この季節は釣り入門にはうってつけなのです。
釣り

夏の終わりは、釣り入門シーズンの到来でもあります

 実際に筆者も、前々から釣りに興味があるが、どうしたらいいのかわからないという知人を連れ、千葉県の太平洋に面した銚子まで釣行してきました。
犬吠埼

銚子には犬吠埼灯台と呼ばれる日本の灯台50選に選定されている登録有形文化財の灯台があります

 さて、単に釣りと言っても狙う魚によって釣り竿や仕掛け、エサなどを変えなければいけません。釣りたい魚に合わせて釣具店で竿を選んでも良いのですが、まずは入門ということでダイソーの釣り具コーナーにて釣り竿と仕掛けを選んでみました。

実はラインナップが豊富なダイソーの釣り具

 最近のダイソーは釣り具にも力を入れています。さすがに100円~となってしまいますが、釣り竿から仕掛けやルアー、網など、ひと通りの釣りセットが販売されています。
ダイソー

店舗によりややラインナップは異なるが、釣り竿や仕掛けなどが豊富に取り揃えられている

 釣り竿は、振り出し式と呼ばれる伸縮式の釣り竿で携帯性は抜群。リールの号数はわからないものの120mほどのラインが巻かれています。カラーバリエーションはシルバーとブルー。竿の調子からグラスファイバーロッドと思われます。  リールは外装にプラ素材が使われており見た目はややチープですが、ドラグ調整(ラインが切れる前にラインを放出する機能)やストッパー(リールの回転方向調整)などリールに必要な機能は付いています。
ダイソー

ダイソー釣り竿セット。携帯に便利な振り出し式

 今回は、岸壁からサビキ釣りを試みるので、サビキ仕掛けセットをチョイスしました。  こちらは、針の号数も複数販売されており、様々なサイズの魚に対応できそうです。また、サビキ用のエサをつめるカゴも付いているのでとてもお得なセットです。
ダイソー

ダイソーサビキ仕掛けセット。サビキ釣りに必要な仕掛けが一式そろっている

 これで〆て1110円。釣具店でスターターセットをそろえると5000円近くかかることを考えると、とてもリーズナブルです。  と言うわけで、釣りセット以外にサビキ釣り用のまきエサを現地の釣具店で購入し、釣り開始。まきエサの効果もあり、早々にサバがヒットしました。
次のページ
1100円で買ったダイソーの釣り具の使い勝手は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事