仕事

大企業出身の中年転職者が嫌われるワケ…「役員待遇で採用」の悲惨な末路

雇用保険の適用もなし

会議 一般的にも意外と知られていないのですが、雇用保険は取締役には適用されていません。  雇用されている側ではありませんし、社会通念上、従業員よりも厚遇を受けているから必要ないでしょうということのようです。ですので、失職しても失業手当はもらえません。  それも知らずに辞めることが決まった際に「ハローワークで失業手当もらいに行こうかな」なんて呑気にのたまう大企業OBOGの中小企業役員は結構います。  給与明細もそんなに注意して見ないので、雇用保険がなくなっていることに気づきもしません。井戸の中から大海に出た意識を持たないといけません。

「会社に面倒を見てもらう」という時代錯誤

 よく大企業の高齢社員と会話をしていると、自分よりも先輩の社員であるOBOGが「今はどこそこの会社に面倒見てもらっている」という言葉をよく聞きます。  たしかに親会社で定年になったり、近くなってきたりした場合にグループ会社に受け入れてもらうような慣行は依然として残っている会社もあります。まさに「面倒を見てあげる」です。  ですが、減少の一途をたどり、以前と比較すると、だいぶなくなりました。待遇が手厚いことで知られる大手総合商社でも「3年間は給料をあげるから、自分で身請け先を探してきましょう」ということになっています。  世間的に見れば十二分に手厚い厚遇ですが、当事者からすると「面倒を見てくれなくなった」という捉え方をしてセンセーショナルなニュースとして社内を駆け巡ったそうですが……。
次のページ
いい年して恥をかかないためには…
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事