ライフ

ととのいの向こう側へ。チームラボが挑んだ“サウナ×アート”体験記

■チームラボ×サウナを体験

 アート集団・チームラボが、今度は【×サウナ】というまったく新しい展覧会を六本木にドロップ! サウナ→冷水シャワー、そして外気浴ならぬチームラボがプロダクトした“アート浴”を体感すれば、未知なるととのいゾーンに!? 3月22日オープンの『TikTok チームラボリコネクト』をさっそく体験してみた! サウナ×アート浴、その実力や、いかに!? * * *  六本木ヒルズの眼前に突如現れた、『TikTok チームラボリコネクト』。館内に一歩入るとかなり暗めの照明が施されており、頭上には色とりどりの幻想的なランプがゆらめく。異空間に誘われるような演出に、早くも気分が上がる。
teamlab

六本木の一等地に突如現れたサウナ施設の中。チームラボさしく目をみはる美しさで溢れていた

 チームラボのプレスリリースによれば、 「本展は、美術館や宮殿など高級な場所でアートを鑑賞するのではなく、来場者自身がサウナと冷水シャワーにより最高な状態になってアートを体験するという、新しい考えのもの」  らしい。何はともあれ、まずはサウナだ!  なんたってこのサウナがまず、すごい。70℃~100℃まで、趣向を凝らした計7つものサウナがあるので選び放題。加えて各サウナドア横にはパネルが埋め込まれており、温度表示とともに「空きあり」といった表示が。これは混雑緩和はもちろんのこと、無駄なドアの開閉を減らすことで室温低下を防ぐという、サウナー心をきれいにすくい上げた見事な施策。実に嬉しい心遣いだ。「ロウリュまであと〇分」という表示もあるのも、実にありがたい。

各サウナ室の前についている案内用のパネル。混み具合や温度、ロウリュの情報などサウナ-が知りたい情報が集約されている

■新感覚の冷水シャワーに脱帽

 まずは手始めに、80度の「ブルー」というサウナ室へ。その名の通りブルーにライティングされており、上段に腰かける。80度とあまり高くない室温ながら、ロウリュが始まると湿度が高まり、一気に汗が吹きだす。
teamlabo

正式には「Underground River Blue」というサウナ室。洞窟の川をイメージした音楽が流れ、ロウリュウは多め。しっかり汗をかけた

 ふわっと香るのは松のアロマ。鼻孔をくすぐり、深いリラックス状態に誘われる。サウナ室には心地よいヒーリングミュージックが流れており、五感でサウナを楽しめる。ヤバい、いきなり気持ちイイ……10分ほど入っていると、もう限界! 冷水シャワーのエリアに駆け込んだ。  とここで、「えっ、シャワーなの!? 水風呂ないの?」と不満に思う人が多いかもしれない。正直、筆者もそう思っていた。だが結論から言えば、無問題。むしろここでもチームラボのセンスに脱帽した。  チラー(冷却器)により16℃にキープされた冷水シャワーはキンッキンに冷え、超気持ちイイ! しかも頭上と肩口からとの二箇所同時攻めにより、頭のてっぺんから火照った体を冷ましてくれる。水風呂とはまた違う感覚で体は冷やされ、気づけば頭はグワングワン……1set目から、かなり深めにととのってしまった。さらにこの冷水エリアに設けられた光と音のアートワークも秀逸で、体と脳はトリップ寸前! すごい、すごいよチームラボリコネクト!
teamlabo

冷水エリアに施されたライティング。深い霧の中、虹をみているような感覚を味わえる

次のページ
意識は“ととのいの向こう側”へ
1
2
チームラボ&TikTok,チームラボリコネクト:アートとサウナ六本木
3月22日~8月31日まで開催予定。10時~23時(最終入館21時30分)
休館は不定休。
料金は平日/4800円 土日祝・特定日5800円
公式HP
https://reconnect.teamlab.art/jp

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事