お金

宝くじはパチンコ依存を救うのか?

スクラッチくじ2枚で勝負

 300円のワンピースクジと犬の写真のクジを二枚ずつ買った。  ギャンブルとしての宝くじは、かなりコスパがいい。手軽に買えて、大体当たらないことが前提で、ほとんどが忘れた頃に当選番号の発表をするので、幸運が飛び込んでくる錯覚に陥る。ワンピースのスクラッチくじは最高で500万円が当たるが、それもほとんど期待していない。当たる気がないのに買っているのがバカみたいに見えるかもしれないが、この心のハードルの低さもスクラッチの魅力だ。何回買ってもどうせ当たらないから、その場のノリで買ったらそれまで。アツくなりすぎてバカみたいに買い増すなんてことはほとんど起こらない。 「おっ、200円当たった」  友達が嬉しそうに200円のクジを見せる。  スクラッチくじは10枚単位で買うと必ず1枚は当たる。今回1枚ずつバラバラの物を買って当たったので確率は1/10、4枚買ったから4/10くらいだ。僕は全部外れた。 「マジかよ」 と言いながら1000円を渡す。 「飯奢られた分チャラになっちゃったじゃん。普通の割り勘だよこれ。」 「返そうか?」 「いや、いい。武士に情けは不要」

お茶漬けみたいなギャンブル

 帰り道、タバコを2箱買おうとしたら見事に金が足りなくて、やっぱり受け取っておけば良かったな、と思った。  家に帰る頃にはスクラッチの余韻は完全に消えていた。ギャンブルしたい衝動もほとんど無い。お茶漬けみたいなギャンブルだな。 「友達とスクラッチくじを買う」  もしかすると、宝くじはパチンコ依存から抜け出す近道なのかもしれない。ただし、ご利用は計画的に…… 〈文/犬〉
―[負け犬の遠吠え]―
フィリピンのカジノで1万円が700万円になった経験からカジノにドはまり。その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。全財産を失い借金まみれに。その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。Twitter、noteでカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。 Twitter→@slave_of_girls note→ギャンブル依存症 Youtube→賭博狂の詩
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事