恋愛・結婚

専業主婦になりたい29歳女性…「希望年収を大きく下回る男」と結婚したワケ

専業主婦が多かった母親世代の影響

母親 晩婚化といわれていた現在の40代前後の女性たちの親は専業主婦がまだ多かったものの、子供には「あなたは手に職をつけて1人で生きていけるようにしなさい」と教育してきました。  そのため、婚活市場ではニーズが高い20代~30代を仕事に捧げ、恋愛や結婚は二の次に。  当然、結婚相手にも自分と同程度のレベルの職業観を求めてしまい、男性からしてもスキやかわいげが感じられず、アプローチしにくいというすれ違いが起きてしまっていました。

結婚をポジティブに捉える20代

 しかし、現在、20代女性は共働きの母親が多く、離婚率も高いものの、結婚に対してポジティブに捉えている人も多いので、結婚したいと早い段階で感じるようです。  そして、同時に共働きで苦労する母親を見て育った影響からか、若い世代の専業主婦を希望する女性も増えています。  先日、相談に来たあやなさん(仮名・29歳)は美容関係のお仕事をしているとても美しい女性です。  自身の年収は400万円程度で、結婚後は専業主婦を希望していました。
次のページ
共働きを望む男性の本音は…
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事