恋愛・結婚

「結婚できない男」がやりがちな深刻なミス…中流サラリーマンは特に注意

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

婚活に苦戦している人が見落としがちな視点

山本早織

山本早織

 先日、ある会員さんが、2年かけて成婚しました。成婚に至る前、彼は今まで考えていなかったことに意識を向けました。  今回は婚活をする上で実は直視しなければならないにもかかわらず、多くの人が見落としがちなことについてお伝えします。  ヤスさん(仮名・39歳)はバツイチで子供のいない男性でした。 「40歳になる前にもう一度結婚をしたい」と考えてご相談に来てくれました。

年収600万円でイケメンでも苦戦

婚活男性 ヤスさんの希望は容姿端麗で、子供を望めるとヤスさんが考えていた35歳以下。  さらに金銭感覚がキチンとしていて、仕事もしてもらうことは理解するけど、家庭を第一に考えてくれる人とのことでした。  ヤスさん自身は年収600万円で男らしい見た目、イケメンの部類に入るであろう方です。  活動1年目は「とにかく希望に沿った女性がいい!」と合致する相手とばかりお見合いをしていました。  しかし、交際になるとフラれる。一度目のデートで疎遠になる……そんなことが続き、彼自身もモチベーションが落ち始めたのが1年を過ぎたあたりでした。
次のページ
なぜ自分が好きになる人には好かれないのか?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事