ライフ

ダイソーの「炊飯マグ」330円で、3種類の炊き込みご飯をつくってみた

 衣食住にまつわる商品がなんでも揃う100円ショップのダイソーで「炊飯マグ(税込330円)」という商品を見つけた。箱の説明書きによると、これに水洗いした米と水を入れて電子レンジで加熱するだけで簡単に1合のご飯が炊けるらしい。さらに、鮭フレークや調味料を入れれば鮭の炊き込みご飯もできるという。
炊飯マグ

ダイソーの炊飯マグ

 同店には「鮭のソフトふりかけ(税込108円)」も売られているので、これで鮭フレークの代用をできるかもしれない。他に「むき甘栗(税込108円)」と「燻製牡蠣のオイル漬け(税込108円)」も購入し、これらで3種類の炊き込みご飯を作ってみることにした。

吹きこぼれが激しい

ダイソー

炊き込みご飯の具材もダイソーで購入

 まずは練習で白ご飯から。箱に書かれているご使用方法のとおりに作った。150gの米を水洗いして水気を切り、炊飯マグに180mlの水といっしょに入れる。そして約30分吸水させてから電子レンジで500Wで7分加熱する。しばらくしてカタカタカタカタ……と音が鳴りはじめた。蒸気で蓋が持ち上げられているのだろう。  7分経ったので電子レンジのドアを開けた。吹きこぼれが激しく、中はびしょびしょになっている。炊飯マグを取り出してそのまま約15分蒸らした。
ご飯

炊飯マグで炊いたご飯

 そして蓋を開けると、ふっくらと美味しそうに炊きあがっている。が、食べてみると、米粒に少し芯が残っている。水が足りなかったのかもしれない。しかし、水を増やしたら吹きこぼれがさらに激しくなってしまいそうなので、次からは米の量を少し減らしてやってみることにした。

果たしてお味は

 鮭の炊き込みご飯も箱に書かれているレシピのとおりに作る。が、米の量だけは150gから130gに変更。炊飯マグにこの米と180mlの水を入れて約30分吸水させ、醤油小さじ2杯、めんつゆ小さじ2杯、そして鮭フレークの代わりに鮭のふりかけ30gを入れる。これを電子レンジで7分加熱する。  炊飯マグの蓋を開けると、まだ少し水が吸収されずに残っていて米も硬かった。鮭のふりかけや調味料を入れたことで熱が通りにくくなったのかもしれない。さらに3分ほど加熱すると、米はようやくふっくらとした。これも約15分ほど蒸らしてから最後にごま油を小さじ1杯加えて完成である。
鮭ご飯

鮭ご飯

 味は決して悪くはなかった。が、醤油とごま油の風味ばかりが強く、鮭の存在をほとんど感じることができない。これはやはりレシピどおりに鮭のふりかけではなく鮭フレークを使ったほうがよさそうである。
次のページ
いちばん美味しいのはどれ?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事