デジタル

iPhone 13シリーズは買いか見送りか? 旧モデルとの差を徹底比較

iPhone 13シリーズの特徴とは?

 9月24日にiPhone 13シリーズが発売される。「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルがお目見えし、すでに予約販売が始まっている。  iPhone 13シリーズ共通の特徴としては、CPUがA14 BionicからA15 Bionicになり、ディスプレイはSuper Retina XDRディスプレイとなる。ディスプレイサイズはいずれも変わらず、OSはiOS 15。前モデルと同様、5Gやワイヤレス充電、MagSafe、デュアルSIM、防水に対応する。なお、端子は相変わらずLightningで、Touch IDも搭載されなかった。  大きなポイントは新搭載された「シネマティックモード」。動画の中でひとつの被写体から別の被写体にフォーカスを切り替えるフォーカス送りというテクニックが利用できるようになった。撮影後でもフォーカスの奥行きやぼけ具合を調整できる。プロ向けのカメラでもなかなかできないことで、iPhoneで手軽に映画のような映像を撮れるのが面白そう。

気になるスペックを再確認

iPhone13

iPhone13シリーズが発売される

iPhone13

映像の深度を調整できる「シネマティックモード」を搭載

 6.1インチディスプレイのiPhone 13は、ディスプレイの最大輝度が625ニトから800ニトと明るくなった。本体サイズはW71.5×D7.65×H146.7mmと厚さが0.25mm厚くなり、重さは11g重くなって173g。カラーはスターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク・プロダクトレッドとなる。メモリのラインナップは128GB/256GB/512GBとなり、64GBが外され、512GBが追加された。  カメラの解像度は変わらず、広角、超広角ともに1200万画素。カメラ機能としてはスマートHDR 3がセンサーシフト式スマートHDR 4に進化。バッテリー駆動時間は2時間長くなっている。
次のページ
iPhone 13 mini、Proとは何が違う?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事