デジタル

iPhone 13シリーズは買いか見送りか? 旧モデルとの差を徹底比較

買うか、見送るかの判断は?

iPhone 13

カラーはグラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色

 価格はiPhone 12シリーズよりも少し値上がりしており、128GBメモリーのiPhone 13は9万8800円(税込)、iPhone 13 miniは8万6800円(税込)、iPhone 13 Proは12万2800円(税込)、iPhone 13 Pro Maxは13万4800円(税込)となっている。iPhone 13 Pro Maxの1TBモデルだと、19万4800円(税込)とほぼ20万円だ。なかなかの価格と言えるだろう。  さて、買うか買わぬかが問題だ。iPhone 13シリーズは全体的にマイナーバージョンアップで、以前のネーミングならiPhone 12sといったイメージだ。とは言え、CPU、ディスプレイ、カメラの機能がわずかずつ強化されており、順当に進化していることは間違いない。  特に、Proはマクロ撮影に対応し、動画撮影機能は大幅に強化されている。ディスプレイの輝度もさらに向上して、明るい屋外でも視認しやすくなっている。バッテリー駆動時間も史上最長。もちろん、最高のiPhoneなので、iPhone X以前のユーザーであれば即、手に入れることをオススメしたい。

Proなら驚きの体験ができる

 iPhone 11や12ユーザーであれば、強化ポイントをチェックし、予算を考慮して選ぼう。個人的には、無印モデルを使っているなら、Pro/Pro Maxに乗り換えれば驚きの体験ができると思う。筆者のようにずっとPro/Pro Maxを使い続けている場合は、買い換えるかどうかは好きか嫌いかということになるだろう。  当然、筆者は購入。iPhone 13 Pro Maxをチョイスしたのだが、流石のお値段に、メモリ容量は256GBとした。価格は14万6800円だった。10月5日に届く予定なので、手に入ったらすぐにレポートを紹介する予定だ。<文/柳谷智宣> お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「リカーライブラリー」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠