ライフ

水を一切使わない「災害トイレ」の作り方。1枚5円のペットシートで代用

災害が起こると、電気やガス、そして水道が使えなくなる恐れがある。このような状況下を想定した場合、考えるべき重要な対策として「災害トイレ」がある。 9月1日の防災の日に合わせて、水道が使えない状況を想定して、水を一切使わない災害トイレを自力でつくる方法を紹介する。

災害時に試される「自衛力」

災害トイレ東京都が2022年5月25日に発表した「首都直下型地震等による東京の被害想定」。この中に「トイレ・衛生」の項目が追加されたのをご存知だろうか? 避難所では発災3日後で「燃料が枯渇した場合、非常用電源で機能していた水洗トイレが機能を停止し、使用困難化」。1週間度には「衛生環境が悪化した場合に、インフルエンザ、新型コロナウイルス、ノロウイルス等の感染症が蔓延する可能性」。 在宅避難でも、「家庭内備蓄をしていた携帯トイレが枯渇したり、トイレが使用できない期間が長期化した場合、在宅避難が困難化」。

ペットシートを代用

排泄は生きていく上で必要不可欠だが、大地震が起きて停電や断水が起きれば、当然トイレも使えないということだ。お風呂の汲み置きの水を使うという方法もあるが、災害時は排水管や下水管が破裂している可能性もあり、トイレに水を流せないといった状況に陥っている可能性も十分考えられる。 だからこそ「災害トイレ」の必要性が増すのだが、家族全員分の災害トイレを備蓄しておくのはコスト面でも現実的ではない。 そこでおすすめなのが、ペットシートを使った簡易的な「災害トイレ」である。 ペットがいない人にとっては馴染みがないかもしれないが、400枚入りが2,000円程度で購入できる高コスパな商品だ。吸水性に優れ、大量の水を床にこぼしたときは雑巾代わりに活用できるなど、何かと役に立つので常備しておくとよい。 それでは、材料と具体的なつくり方を解説していく。
次のページ
災害トイレの簡単なつくり方
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ