恋愛・結婚

女性が「一緒にいるとなぜか幸せを感じる男性」に実は共通している特徴

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するWebマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。 「昭和」「平成」「令和」と生きてきた私(ずっとデブです)が、過去を振り返って思うのは、それぞれの時代の流れの中で“女性が感じる男性の魅力”のポイントが、少しずつ変化しているのではないか、ということです。 男女 現在、外見の良さや経済力ばかりではモテなくなり、デブにとってはチャンスが訪れています。ただし、たんなるデブではいけません。「モテるデブ」に必要な要素とは何なのでしょうか。

昭和の時代は3高(高身長、高学歴、高収入)がモテる男の条件だったが…

 30年以上前、私が出版業界に入った頃、世の中はバブルがはじける寸前。どこか浮足立っている感じがあったように記憶しています。  当時は3高(高身長、高学歴、高収入)がモテる男たちの条件。また、「アッシー君」(電話するとどこにでも迎えに来てくれる男性)や「メッシー君」(いつでも美味しいものをごちそうしてくれる男性)などがたくさんいて、女性は貢いでもらう男性(当時は「貢ぐ君」とも呼ばれていました)が自分の周りにどれだけいるかで、自分の女性としての魅力、レベルを判断していたなんて話もよくありました。  しかしそんな時代も終わり、バブルの崩壊とともに世の中も変わっていくわけです。

女性は生きていくための“リアル”を求めるように

高級車 平成に入ると「3高」という言葉は消滅し、タクシーを捕まえるのに1万円札を振り回していた男性たちもいつの間にかいなくなっていきました。夢うつつな状態から目を覚まし、生きていくための“リアル”を求めていくようになったのだと思います。  そんな時代が長く続き、雑誌「Mr.Babe」は2015年にスタートしたわけですが、創刊当時に大人女子(25~30歳)を対象に行ったポッチャリ男性に関する意識調査では、次のような結果でした。
次のページ
ポッチャリ男性に関する意識調査の結果
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ